更新日2022.09.22
公開日2022.09.22

どんなリノベーションが流行っているの?

どんなリノベーションが流行っているの?

リノベーションのトレンドは毎年変化をしており、間取りであったり、カラーであったり、様々な面で数年前とは異なった流行が生まれているのです!

今回は近年人気の高いリノベーション事例をご紹介いたします!

目次

リビ充はもはや定番!

リビ充とは、「リビングの充実」の略。

数年前より、お子さんの勉強もリビング学習が主流になったこともあり、家族みんなが集まるリビングを重要視する人が増え、各個室を最低限の広さ、費用にして、リビングに広さと予算を使う人が急増しています。

マンションリノベーションの場合、特にリビ充の定番と言われているのが【横長リビング】です!

バルコニーに対してリビング形状が横向きで、リビングとダイニングスペースがどちらも大きな窓に面しており、明るく開放感があるのが最大の特徴です。

横長リビングは、家具レイアウトもしやすく、広さに余裕があるので、カウンターを付けたり、デスクを置けばワークスペースを作ること可能です。

リノベーションで横長リビングに変える場合、元々リビング横に和室などもう1部屋あったものを無くして、大きなリビングとして使われるケースがほとんどの為、子供部屋などの個室の数を重要視される場合、横長リビングが出来ないケースがあります。

またバルコニ―側は採光や風通しも良いので、こちら側に主寝室を作りたい場合も、横長リビングには向きません。

 

 

リビングとゆるやかにつながるマルチルーム

明るさや、開放感が重要視される最近のリノベーションでは、閉鎖感や圧迫感を嫌う傾向があり、最近ではリビングに面した1部屋にフレームドアを使用し、開放感のある部屋を作るケースが増えてきています。

フレームドアを使用した部屋は、明るさを活かしつつ、部屋を仕切ることができるのが大きな特徴です。

細いフレームを使うことで圧迫感を無くし、人気のブラックフレームはお部屋のアクセントにもなります。

個室としての機能を活かしつつ、リビングとのつながりもあるため、主寝室としての活用は不向きですが、マルチルームとして趣味の部屋、ワークスペース、いざという時の客間(カーテンをして目隠しすることもできる)としての活用が多く、特にワークスペースでは、程よい閉鎖感で集中力が増すと好評です!

もう少し個室感を強めたい場合は、根強い人気を持つ室内窓が最適。(写真右下)

光や風を通し、ガラスの種類を変更するだけで、中を見えなくすることも可能です!

 

 

余白のあるシンプルさと、上質グレージュ

現在リノベーションや、インテリアにおいてトレンドとなっているカラー【グレージュ】

柔軟色、沈静色といった特徴があり、上品で穏やか、時に冷たく落ち着いた雰囲気のあるグレーと、あたたかさ、優しさといった特徴があり、柔らかく温かい、素朴でナチュラルな雰囲気のあるベージュの双方の良い部分を兼ね備えた上品で温かみのあるカラーとなっています。

グレージュと言われる中間色は幅が広く、下記の実例は同じ「グレージュ」の属性に入りますが、グレー寄りか、ベージュ寄りかで、お部屋の雰囲気は全く異なります。

参考事例:https://belle.renostage.co.jp/interview/40

参考事例:https://belle.renostage.co.jp/interview/80

 

色の配分で雰囲気は大きく変わりますが、共に洗練された上品な空間に仕上がっています。

そもそも主張がそこまで強くないカラーの為、ベースクロスに使って頂いてもOKです!

クロスや、フローリング、家具など、全体をグレージュカラーでまとめることによって、上質な統一感が生まれます。

ちなみに、インテリア小物以外は全て収納内にしまい、家具はロータイプによって目線を下げることで、空間を広く見せる効果があります。

 

今回ご紹介したのは近年人気のあるリノベーション例ですので、その時期によってトレンドは大きく変化していきます。

SNSでリノベーションの事例を沢山見ることができる今、自分の理想の間取りや、好きなカラー、お気に入りの家具など、良いと思ったものを画像でストックすることで、いざ自分の住まいづくりになった時に、とても役に立ちますよ!

ぜひ参考にしてみてください!