公開日2021.11.11

中古+リノベするなら、物件が先?業者探しが先?

中古+リノベするなら、物件が先?業者探しが先?

中古+リノベは「中古物件を探して購入」→「リノベーション工事」という流れで進んでいきます。

「何、当たり前のこといってるんだ…」と思われそうですが、言葉のとおり物件探しからはじめたら、工事のことが心配になってきませんか?

 

「この物件を買ってリノベ費用は足りるかな?」

「やりたいリノベは、そもそもいくらかかるの?」

「やりたいプランができる物件なの?」

などなど…

 

今回は「物件探しとリノベ業者探し、どちらが先なのか」という疑問にお答えします!

目次

物件探しが先?業者探しが先?

「家がほしい」と思ったんだから、やっぱり物件探しからはじめるのが自然の流れですよね。

実際に多くのお客様が物件探しからスタートされています。

 

中古+リノベを考えていても、いきなりセミナーに参加したり、リノベーション会社へ相談に行ったりするのはハードルが高く感じるもの。

 

でも、中古+リノベをするなら、リノベーション業者から探す方がスムーズなんです。

 

 

なんで業者探しからがいいの?

業者探しからした方がいい理由は、大きく2つあります。

 

 

【理由①】本当に買っていい物件なのか、わからない

中古+リノベの大きなハードルは、予算配分とリノベ向き物件の見極めが難しいこと。

 

いくらでもお金を使えるなら気にしなくていいのかもしれませんが、住まい購入の優先順位はやっぱり予算。

気に入った物件が見つかっても、リノベーションにかかるお金がはっきりしないと買っていい物件なのか決め切れません。

 

さらに、マンションにはさまざまなルールや構造上の制限があり、物件によってはやりたいリノベーションができないことも。

 

リノベ業者が決まっていれば、「リノベーションに一体いくらかかるのか」「リノベ向きの物件なのか」、購入前に確かめられます。

 

 

【理由②】売主は待ってくれない

買主としては買うかどうか、じっくり考えたいところですが、売主は少しでも早く売りたいと思っています。

買主都合で購入を待ってくれることはほとんどありません。

 

さらに中古物件はすべて1点モノ。

とくに人気物件はすぐに住宅ローンの事前審査をし、購入申込書を出さなければ、あっという間に売れてしまいます。

(事前審査・購入申込については、こちらのコラムをどうぞ!)

 

中古+リノベの場合、多くのお客様が工事費も住宅ローンで支払っていますが、その場合、事前審査のタイミングで工事の見積もりが必要です(銀行によっては設計図面も必要な場合があります)。

 

スピード感も大切な中古物件購入では、物件を見つけてから業者を探し、プランを決めて見積もりをとって…とゆっくりしている時間はありません。

タッチの差で買われてしまったなんて悔しい思いをしないよう、先にリノベ業者を探して見積もりの準備をしておきたいですね。

 

 

もう物件を探しているんだけど、どうするべき?

すでに物件探しをはじめているという人は、今すぐリノベ業者探しをはじめましょう。

仲介会社がリノベーション会社と提携している場合もあるので、担当者を紹介してもらえることも。

 

ただし、物件探しと工事の会社が別々になる分、

・打合せ場所は別々、アポ入れの手間も増える

・仲介会社/リノベ業者から別々の情報を伝えられた場合、自分で判断しないといけない

などの注意が必要です。

 

これからはじめるという人は、物件探しと工事を同時にできるワンストップリノベーション会社がオススメ

物件探しとリノベ工事の窓口が1つになるので、やりとりがスムーズにでき、予算配分や物件選びで迷うこともありません。

(ワンストップリノベーション会社については、こちらのコラムをどうぞ!)

 

 

【まとめ】中古+リノベするなら、リノベ業者探しからのスタートが吉!

家を買うとなると、どうしても物件探しからのスタートをイメージしがちですが、中古+リノベになると話がちょっと違います。

リノベ業者探しからはじめることで、予算配分・物件選び・住宅ローンなど、中古+リノベの難しい部分をスムーズに進めることができます。

 

いきなり業者探しってハードルが高く感じるかもしれませんが、今はリノベーション会社の比較サイトやSNSなどを使って自分に合った業者探しができます。

オンラインでの無料相談会を開催している会社やショールームを設置している会社もあり、気軽に話をききやすい環境が用意されています。

 

わからないことが多く、判断が難しい中古+リノベ。

理想の住まいを叶えるパートナーとして、まずは業者探しからはじめましょう!