公開日2021.11.18

リノベ工費が高くなりそうで不安。安くするにはどうしたらいい?

リノベ工費が高くなりそうで不安。安くするにはどうしたらいい?

リノベーション工事のお悩みとして、「予算オーバーしてしまった」「思ったより工事費が高額になった」というのはよくあります。

 

一生に一度のお買い物。

ケチケチしないで、理想を叶えたい!夢の暮らしを手に入れたい!と思いますよね。

とはいえ、やはり予算という現実の壁が立ちはだかるのも事実…

 

今回はリノベ工事の節約について、お話ししていきます。

目次

リノベーション工事の相場っていくら?

工事費の相場は、1㎡あたり10~15万円以上

広さ70㎡なら、700~1,050万円以上となります。

 

「以上って何?結局いくらなの?」と思われるかもしれませんが、工事内容や設備のグレードによって幅があり、一概にいえないのがリノベーションの難しいところ。

 

こだわりの設備や仕様、間取りの作り込みは、特殊なメーカーや工事になるため、さらに高くなる傾向です。

 

 

上手に節約するには?

物件選びとプランニング、それぞれの段階で節約のポイントをお伝えします。

 

 

物件選びのポイント

水回りの移動がない

水回りを移動すると、水道管の延長・増設の工事代がかかります。

また、排水には適度な傾斜が必要なため、床の高さを上げる工事が必要になることも。

 

キッチンの場合は、排気ダクトの延長工事も必要です。

設備の購入や交換にもコストがかかるので、元の位置から大きな変更がない物件を選ぶといいでしょう。

 

 

エレベーターなしの物件は低層階がオススメ

団地リノベーションも注目されていますが、エレベーターなしの物件は建材や設備の運搬費がプラスでかかってしまいます。

上層階にこだわりがなければ、低層階にした方が節約できます。

 

 

築浅物件なら既存活かしも検討する

せっかくならすべて一新したいと思いますが、築浅物件なら既存設備・間取りの活用も検討してみましょう。

設備・間取りはそのままでも、クロスや床材を変えれば雰囲気を一新できます。

ただし、住みはじめてからトラブルがあるといけないので、設備に問題がないかの検査はしっかりやってもらいましょう。

 

 

プランニングのポイント

優先順位をはっきりさせる

床、壁の素材や水回りの設備、造作家具など、こだわりが増えるほどお金がかかります。

素敵な実例やおしゃれな最新の設備を見ていると、あれもこれもこだわりたくなるものです。

 

しかし、冷静になってあなたが本当にしたいことは何か1番ゆずれないことは何か考えましょう。

あなたが実現したい理想の暮らしは何ですか?どんな風に過ごしたいですか?

 

家族や自分自身とよく話し合い、優先順位をはっきりさせましょう。

そうでないと、不要な部分にお金をかけてしまったり、反対に削ってはいけない部分をカットしてしまったり、大切なお金の使い方を間違ってしまいます。

 

 

節約の注意点

予算とこだわりのせめぎ合いで苦しい決断を迫られると思いますが、とにかくケチればいいわけではありません。

予算カットが必要な場合でも、次の2点を心にとめておいてください。

 

 

①優先度の高いものは妥協しない

コストカットになるからといって、優先順位の高いものを妥協してしまうのはオススメできません。

あなたにとって大切にしたい場所までケチると、住んでからの満足度が下がってしまいます。

 

時間も手間もかけて、「やっぱり○○にしておけばよかった…」と後悔してほしくありません。

毎日見て、触れて、使うものだから、なおさらです。

そのためにも、やはり優先順位をはっきりさせておくことが大切ですね。

 

 

②配管などの見えない部分はケチらない

配管などの見えない部分は「まだ使えるなら、まあいいか…」となってしまいやすい箇所です。

しかし、こういった見えない部分は、不具合が起こると大きなトラブルに直結します。

安心して暮らすためにもケチらず、しっかり直しておきましょう。

 

 

施主支給やDIYでの節約ってどうなの?

施主支給

私たちリノステージでもよくタオルリング、ペーパーホルダー、クロス、照明器具などを支給いただきます。

施主支給は節約につながりますが、事前に業者とよく打ち合わせ、デメリットを理解した上で行いましょう。

 

<デメリット>

・業者保証の対象外になる

・施工日までに届かなかった場合、工期遅れが発生する

・個人購入が割安になるとは限らない(業者経由で買ったほうが安いこともあります。)

など

 

 

DIY

クロス張りや塗装など、DIYで費用の節約をすることができます。自分でやる分、愛着もわきますよね。

DIYでの節約は、経験者なら問題ないと思いますが、今回がはじめてという場合にはオススメできません

手間だけでなく、道具をそろえるのに余分なお金がかかります。

プロに任せたほうが仕上がりもきれいで安心です。

 

 

【まとめ】とにかく優先順位を決めることが大事!困ったら、定額パックの利用を!

 リノベーション工事は多くの場合、予算オーバーしてしまいがちです。

自分たちの暮らしに何が必要で、何がいらないか、優先順位を明らかにしておくことが大切です。

 

「いろいろ迷って決められない!」という人は、定額制リノベーションをオススメします。

プロによってセレクトされた標準仕様・設備が決まっているので、「壁紙はどうする?」「キッチンは?」などと悩む必要がありません。

こだわりを追加したい部分だけ素材や設備を指定すればよく、価格もわかりやすいですね。

 

なかなかに悩ましいリノベーション工事の予算決め。

必要なものまで削ってしまわないよう、事前に優先順位を整理して後悔のないリノベーションをしてくださいね。