RENOVATION

パイプスペースも無駄にしない、収納重視の都会リノベーション

豊島区 T様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都豊島区

  • 間取り

    3LDK

  • 築年

    2000年(平成12年)

  • 専有面積

    69.16㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Urban Style

  • 費用

    970万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after
  • 洋室

    洋室

  • 洋室

    洋室

  • 洋室

    洋室

  • 洋室

    洋室

  • 玄関

    玄関

  • 廊下

    廊下

  • 廊下

    廊下

  • LIXIL リシェルSI

    LIXIL リシェルSI

  • LIXIL フェイスフルライト付化粧台

    LIXIL フェイスフルライト付化粧台

  • LIXIL ユニットバス

    LIXIL ユニットバス

  • LIXIL ラシッサS ガイドピン

    LIXIL ラシッサS ガイドピン

  • LIXIL ラシッサDフロア チーク

    LIXIL ラシッサDフロア チーク

  • サンゲツ フロアタイル IS-888

    サンゲツ フロアタイル IS-888

★プランニングポイント★


 


 


① 既存PSサイズを見直し!



PS(パイプシャフト)とは給水管と排水管などを通す空間のことです。


通常、マンションの上・下階を貫くように作られ、浴室などから生じた排水は、配管を通ってこのパイプシャフトへと流れていきます。


上階のお部屋も、下の階のお部屋もこの配管を通りて排水を流します。


そのため、この配管はエントランスやエレベーター、オートロックのインターホンと同じように、マンションの居住者が共有して使用する「共用部分」とされているマンションがほとんどです。


「共用部分であり、勝手に工事してはいけない」PS(パイプシャフト)の配管ですが、実はSP(パイプシャフト)内部にパンパンに配管が詰まっているわけではなく、一部デットスペースなっている場合もあります。


解体後、既存のPS(パイプシャフト)の配管を調査し、無駄なデットスペースをなくし収納へ有効活用しました!
 


 


 


② 回遊式のどこの部屋からでも使える、大容量収納!



「収納はたっぷり!長いものでもなんでも仕舞えるようにしたい!」


お客様のご要望にお応えして、大容量の収納ができる空間作りをしました。


幅2.0m以上の収納は、長いものも斜めに立て掛ける必要もなく、安定・安心して収納できます。


また、回遊式の間取りにしたことにより、どこからでも最短ルートで荷物を仕舞うことも取り出すこともでき、収納内に空気が籠らずカビ防止にも繋がります。


 


 


 


 


③将来の変化にも対応!



将来、子供が大きくなって子供部屋が必要になったときのために変化できる空間を作りました!


中央の洋室には扉が二つ設置してあり、将来壁を造りことで、子供部屋とウォークインクローゼットに生まれ変わります。


廊下・トイレ側の洋室も、今後子供部屋として使用する予定だそうです。


新しい子供部屋と今ある子供部屋は、同じ大きさとなるようにしています。


 


 


 


 


④収納とユニットバスをサイズUP


 


 



平面図上で見るとわかりずらいですが、玄関とUBの間の壁を撤去・新設し、壁の位置を調整しました。


少しの移動ですが、玄関収納の奥行が広くなり収納力がUP!!


ユニットバスも既存より、奥行の横幅が大きいものが設置でき、サイズUPできました。


 


 


Before



 


 


 


 


 




 

お客様の声を見る

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9