RENOVATION 光る水面でレコードを

  • 所在地

    東京都練馬区

  • 間取り

    3LDK

  • 築年

    2004年(平成16年)

  • 専有面積

    71.15㎡

  • 居住構成

    ふたり暮らし

  • 費用

    1,250万円

担当者

吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士

住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

有機溶剤作業主任者
石綿作業主任者
建築物石綿含有建材調査者

東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー

趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたY様にお話を伺ってきました。


 


 


―今回リノベーションを行った経緯を教えてください。


 


ご主人


もともと近くの賃貸に住んでいました。


そろそろマンションを購入しようかとインターネットで物件を探していたら、新着情報でここの物件が偶然出てきました。


新築か中古+リノベーションか迷っていたのもあって、このマンションと出会えて『じゃあ、中古+リノベーションで!』と結構早く決まりました。


 


 


―他のリノベーション会社と相見積もり取られましたか?


 


ご主人


見積もりは4社取りました。


4社も比較するのは結構大変でしたね(笑)


でも売主さんから引渡しは少し待ってほしいと言われて、契約から引渡しまで半年くらい時間があったので、その間にいろいろなリノベーション会社さんに話を聞きに行ったりすることができました。


 


 


―4社の中から、弊社でリノベーションしようと思った決め手はなんでしょうか?


 


ご主人


吉原さんの提案が他の会社さんより、私たちに寄り添ってくれたことですね。


伝えたいことが伝えやすかったというのも大きかったです。


うちのリノベーションの要望はキッチンが中心で、吉原さんはパイプスペースを上手に避けながら洗面室もお風呂もゆとりのある広さのプランを提案してくれました。


他の業者さんは同じ話をしたはずなのに洗面室が狭かったり、使い勝手があまり良くない気がしました。


私たちと吉原さんの世代と近かったので私たちの感覚をわかってくれて、要望を言いやすかったのも含めていいなと思いました。


 


 


―先ほどご主人のお話にありましたがキッチンを中心に水回りは、かなり間取りを変更されている印象ですね。


 


奥様


キッチンのストレートダイニングを実現したかったんです。


インスタでキッチンとダイニングテーブルが横並びのレイアウトを見て『わたしもこうゆうのがいいな』と思って、実際使ってよかった点・悪かった点のインスタの投稿をたくさん見ました。


ストレートダイニングにすると、リビング扉からキッチンに行くまでの動線が長くなっちゃうので、キッチンに洗面室からも入れる回遊性のある間取りにしました。


 


 


―リノベーションをするにあたっての、こだわりポイントを教えてください。


 


ご主人


キッチン周りの特に天井です。


ここを今のかたちの梁のかたちにするか、下がり天井にするか、木目はシート張りにするか、パネルにするか迷っていましたが、パネルにして大正解でした。


広く見えるかなと思って下がり天井じゃなく部分的な梁にしました。


これにしてよかったです。


 



TOTO ザ・クラッソのキッチンとIKEA(イケヤ)のカップボード。IKEA施工のカップボードは収納や扉に干渉しないよう調整を重ねました。


 


―キッチンのカップボードは、キッチンとメーカーを揃えずにIKEA(イケア)のカップボードを選ばれていましたが、どうしてIKEAをお選びなったのでしょうか?


 


奥様


最初はメーカーさんで見積を作ってもらっていたんですけど、カップボードの奥行を45㎝から65㎝にすると値段が跳ね上がってしまって・・・。


今回イケアでお手伝いしてもらいながらデザインや収納をオーダーしました。


コストだけじゃなくて、デザインや機能面も満足しています。


ご主人


キッチンは大幅に使いやすくなりましたね、


前の賃貸のキッチンは狭くて、今は二人並んで一緒に料理ができるようになりました。


奥様


前はイライラしちゃうくらい作業スペースが狭かったよね!


キッチンに二人いると、すれ違えないくらい狭かったですね。


キッチンもそうだけど洗面室も二人で並んで使えるくらい広くなりました、私がお化粧している、隣で夫は歯を磨いているみたいな。


共働きなので朝の支度が一人ずつしかできないっていうのがなくなって、助かっていますしストレスがなくなりました。


 


 


―TOTOのキッチン、クリスタルカウンターの使い心地はいかがですか?


 


奥様


普段使いしているものなので、少し傷ついちゃっているんですけど、光が反射して気にならないですね。


このカウンターは夜になると光が反射してキレイなんです。


部屋を真っ暗にして、ペンダントライトだけつけると水の中みたいに光が反射して見えるんです。


クリスタルカウンターはいろいろな光の反射の仕方をするってカタログに書いてあったんですが、どう反射するかは住んでみて初めてわかったので、これにしてよかったなと気に入っています。


夜にはキッチンのペンダントライトだけをつけて、音楽を聴きながら過ごすこともあります。


 



施主様からいただいた夜のクリスタルカウンター写真。クリスタルカウンターに反射する光が、夜の水面に反射する月明りの様。


 


―素敵ですね!


では住んでみて初めてわかった、ここをこうしたらよかった点はありますか?


 


ご主人


細かい内容になっちゃうんですけど、パントリーの収納の中を見ると扉の幅より、収納中の幅が広いので、扉の幅に合わせてピッタリ収納ケースをいれるとデットスペースができちゃっていたことですね。


収納ケースを入れて初めてわかったので、ここのスペースはもったいなかったかな。


でも、このキッチン選んだときもキッチンにコンセントがなかったので、床下にコンセントつけてもらったり、収納内にもコンセントつけてもらったりしてやれることはやったと思います。


 


 


―今後、リノベーションする方へアドバイスをお願いします。


 


ご主人


譲れないところを固めて、そこから考えていったり担当さんに相談したり提案してもらったりした方が進めやすいと思います。


あと譲れない部分があると妥協できる部分も見つかるので、うちの場合だとキッチンを妥協しないで、6帖だった和室を4帖に小さくするとかですね。


でもキッチンを妥協しない結果だったので、和室が狭くなることにネガティブになることがなく、最終的に満足してリノベーションすることができました。


 


同じ物件の事例を見る