RENOVATION

マグネットパネルと収納力を向上させたリノベーション

文京区 N様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
  • 所在地

    東京都文京区

  • 間取り

    2LDK+W

  • 築年

    2005年(平成17年)

  • 専有面積

    78.92㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • 費用

    1,150万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

壁の中に忍ぶマグネットの使い方は無限大!?


ちょっとしたスペースにも『収納』を取り入れた収納上手リノベ!


 




LDKには、梁を利用してオープン棚を設置することで、ちょっとした空間も無駄には致しません。


梁の凹凸に合わせて設置した可動棚は、梁の存在感を無くし、ルーバーの収納ドアとブラウンカラーを合わせることで印象的な空間に。


インターホンの上下のスペースにも可動棚を設け、本や、リビングで家族共有で使うものを置いておくスペースとして重宝します。


 



主寝室は、半畳たたみを使用しモダンな和室に。


ベッドではなく布団を使用するため、奥行の深い押入を新設しています。


 




タカラスタンダードで出している「エマウォール」を4箇所に設置。


マグネット用のパネルになっており、プリント類を貼っておいたり、今話題の山崎実業のマグネット収納ツールを活用したり、ホワイトボード代わりにメモを書いたりすることが可能だそうです!


上の写真はウォークインクローゼット兼作業スペースとなっており、エマウォールを使って仕事用の資料をまとめたり、窓下に設けた可動棚にPC機器や本などを置くのに丁度良く、パーケット柄のフロアタイルが特徴的!


 




水廻りと玄関周辺は間取りを変更しています!


もともと1618というマンションでは珍しいサイズのユニットバスが入っており、そこまで大きいユニットバスを求めているわけではないお客様だった為、ユニットバスのサイズを一般的な1317というサイズに変更しました。


ユニットバスの短辺が30㎝短くなった分、玄関側に下足収納を新たに設置することができています。


玄関にはもともとシューズインクローゼットがありましたが、アウトドアグッズなどの大型のものを収納するのに便利なシューズインクローゼットに対し、普段使いする靴の収納を分けることで、使い勝手がよくなります。


 



玄関のフロアタイルは、サンゲツ ヘリエイジ(IS-1046)を使用。


銅板のような色ムラが、ヴィンテージ感を感じさせます。


 


 


 


 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8