RENOVATION

ファミリーやSOHO、色々な適応が出来る住まい

千代田区 H様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都千代田区

  • 間取り

    3LDK+W

  • 築年

    1985年(昭和60年)

  • 専有面積

    106.16㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Urban Style

  • 費用

    1,310万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

基本を極めれば、すべてに通じる!?


誰が生活しても使い勝手の良い、多角的な空間に!!


 


 


賃貸として貸し出したいので室内をキレイにしてほしいと、リノベーションのご相談がありました。


 




 


オフィス街と住宅街が切り替わる狭間、事務所と住宅が混ざり合うような一角に、今回の物件はありました。


専有面積が100㎡を超える広い物件でしたので、ここは誰が住むのだろう、ここは誰に向けての空間なのか、まずは「WHO」を考えるからスタートしました。


エリア的にはオフィス、ファミリーだったらゆとりのある空間に、個人事業主が集まってシェアハウスでもいい、出入り口が2つあるからSOHOとしても使える、いっそのこと全部盛り込んでしまえ!!どんな人が見ても「こんな部屋借りたかったんだ!」という空間を目指しました。


 


個室は大きなWICが各々ついています。


「プライベート」と「仕事」を分けて使えるように2つの出入り口を活かし家事動線を考えました。


リビングを経由しない間取りはSOHOやオフィスとして、家族に配慮した動線になっています。


 



 


奥行90cmのゆとりがあるペニンシュラ型キッチンカウンターは、家族や友人と団欒して食事ができます。


 



 


トイレの一部の壁には、メラミン不燃化粧板を使用しています。


メラミン樹不燃化粧板とは「キッチンパネル」とも呼ばれるキッチンの壁にも使用される不燃材です。
キッチンに使われるので、耐久性が高く、汚れに強く、掃除がしやすい特徴があります。
カラーバリエーションも豊富です。


事務所のように多数の人間が使うことを想定し清掃性が高いけれど、無機質な印象にならない空間をつくりました。



 



LIXIL コンロ前ガラスパネル(全面タイプ) / LIXIL エコカラット ストーングレース


 



 



 


 


 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9