RENOVATION

水廻り動線の変更で収納力もアップしたリノベーション

江戸川区 O様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
  • 所在地

    東京都江戸川区

  • 間取り

    3LDK+W

  • 築年

    1983年(昭和58年)

  • 専有面積

    76.18㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Neo Comfort -H

  • 費用

    850万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
山木 百合香
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

山木 百合香
山木 百合香
YAMAKI Yurika
リノベ事業部

二級建築士
インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター


リノベーションコーディネーター


 


担当業務は営業と設計です。
プランナーとしてお客様とのお打ち合わせから一人ひとりに合わせた生活しやすい家づくりのご提案ができるように日々心がけております。
お客様の今後の暮らしを家づくりを通してサポートできるように誠心誠意努めていきます。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

子育て世代ファミリーが快適と感じる住宅とは。


動線を見直すことで、暮らしやすさと収納力が向上!


 





 


 


小さなお子様をお持ちのO様。


1983年築の中古マンションを購入し、古さの残る室内のフルリノベーションをすることに決めました。


LDKは12.9帖という広さがありましたが、壁付けのキッチンに、冷蔵庫や食器棚のスペースが確保されていないといった難点があり、今の子育て世代にはあまり向かない間取り、さらに廊下が長く、デッドスペースも生まれていました。


そこで、子育て世代には必須の対面キッチンに変更。


対面キッチンに変更する際は、通常キッチンに入る通路幅を確保するために、もとのキッチンサイズよりも小さくなってしまうのが一般的ですが、こちらの物件は廊下の長さがデッドスペースとなっていた為、リビングドアの位置を移動することでキッチンへの通路幅が確保され、元々のサイズと同等サイズのキッチンを設置することが出来ました。


 




トイレ:TOTO Zシリーズ


 



洗面化粧台:LIXIL MV ユニットバス:TOTO WBシリーズ


 



水まわりは今回最も使い勝手が悪かった部分。


トイレと浴室は同じ洗面室からの動線となっていた為、誰かが洗面室を使用しているとトイレに行きづらかったり、来客の際に生活感の出やすい洗面室を通らないとトイレに行けないというデメリットがあり、お客様はトイレの単独の動線を希望されていらっしゃいました。


トイレは縦配管の関係で位置の移動が難しく、浴室は躯体で囲われており移動することが困難の為、洗面室の間取り変更のみで水廻りへの動線を変更することに成功しました。


洗面室は多少コンパクトになりましたが、給湯器を外部に移設したことによってスペースが生まれ、収納量を増やすことができています。


 



安全面を考慮して室内にあった給湯器をバルコニーに移設。


給湯器用に外壁に開いていた既存のダクト穴を利用し、配管は天井裏を通して各設備へと送ることで、新たなコア抜き(外壁面に穴をあける)をしないで移設が出来ています。


給湯器をバルコニーに出すことで安全面だけでなく、新たな収納を設けることができ、スペースの有効活用にも繋がっています。


 




各洋室のアクセントクロスは、ブルー系で統一。



収納もしっかり確保が出来ています。



「和」を感じさせる玉砂利のフロアタイル サンゲツ IS1107


 


 


 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8