RENOVATION

リノベーションだからこそ生活に合わせた住まいに

港区 T様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都港区

  • 間取り

    1R

  • 築年

    1971年(昭和46年)

  • 専有面積

    49.91㎡

  • 居住構成

    ひとり暮らし

  • 費用

    900万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

リノベだからこそできる間取り表記にこだわらない心地のよい住まい


間取り表記にこだわらない心地のよい住まい


家を探す時、インターネットの不動産情報サービスで「2LDK」「3LDK」と間取りの絞り込み検索する方が多いのではないでしょうか。


なので売る側としては検索されやすい、検索に有利な間取りにしたいという思いがあります。


今回のリノベーションでは、自身の生活に不要な壁を取り除き、間取り表記にとらわれないライフスタイルに合わせた空間へと生まれ変わりました。


 


 




1LDK→1Rの間取りに


売却想定したリノベーションをしたいとご要望でしたら『1LDK』か『1LDK+W』の間取りになっていたかもしれません。


また売却を想定し、間取り表記を重要視した内装実例を近日公開予定です。


 


 


 


 


 


限られた空間から快適をつくる


躯体壁とコンクリートブロックのPS・DSに囲まれた浴室。


浴室は部屋の四隅にあり、右側の空間は共用廊下へとつながる玄関ドアがあるので、洗面室の場所は限られていましたが、決められた空間を活かしつつ、快適を断念しない、悠々とした白が映える洗面室を実現しました。


 


 



 


 


 


 


景観を活かした対面式キッチン


掃き出し窓から見える広いルーフバルコニーと都心の美しい景観を活かした対面キッチンを実現。


景色を眺めながら、料理を楽しめます。


 


 



 


 


 


 


デットスペースを活かした室内物干し



洗面室へのアクセスを1つにすると、どうしてもキッチンの正面がデットスペースになってしまいます。


洗面室にもう一つ扉を設けることで、回遊式の動線となってデットスペースがなくなり、室内物干しを設置することで効率的な家事動線を実現しました。


 


 


 


 



 


 


完成3Dイメージ





 


 


間取り表記にこだわり、家族の人数に合わせた部屋数と一般的に使いやすい水回り


将来売却することも想定したリノベーション事例はこちら


 


 




 


 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9