RENOVATION

大事なのは住みやすさ快適さ

千代田 K様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo8
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo8
  • 所在地

    東京都千代田区

  • 間取り

    2DK+W

  • 築年

    1969年(昭和44年)

  • 専有面積

    55.7㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Neo Comfort -H

  • 費用

    785万円

担当者

岡田 健
公文 崇
山木 百合香
岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

山木 百合香
山木 百合香
YAMAKI Yurika
リノベ事業部

二級建築士
インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター


リノベーションコーディネーター


 


担当業務は営業と設計です。
プランナーとしてお客様とのお打ち合わせから一人ひとりに合わせた生活しやすい家づくりのご提案ができるように日々心がけております。
お客様の今後の暮らしを家づくりを通してサポートできるように誠心誠意努めていきます。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

デッドスペースは無駄じゃない!?
空間をつくったからこそできた快適な住まい





キッチンを一歩手前へ!


キッチンの設置位置は、躯体の柱から壁まで1835㎜程度でした。


柱の奥行分の壁をつくることでキッチンの設置寸法を確保。


躯体に合わせると1835㎜程度しか設置できなかったキッチンですが、2100㎜のキッチンの設置を実現しました。


カウンターは奥行きがあり、調味料やキッチン用品をたっぷり置くことができます。


 




LIXILの長さ2100㎜のキッチン


 


 


 


 


ぐるりと囲った『ふかし壁』


コンクリートは、夏は熱くなりやすく冬は冷たくなりやすい、そして熱をため込む性質があります。


マンションは鉄筋コンクリート造が中心です。


マンションを構成する何十~何百トンのコンクリートに熱が蓄えられていきます。


 


夏の夜、外は涼しいのに部屋が暑いと思うことはありませんか?


 


これはコンクリートが昼間にため込んだ熱を、涼しくなった夜に放出しているからです。


外気の熱を蓄積するコンクリートの戸境壁をぐるりとふかし壁で囲いました。


ふかしとは『付加し』と漢字で表します。


コンクリート壁に木を組み、木組の上に石膏ボードを張って、ふかし壁をつくりました。


コンクリート壁をふかし壁で覆うことで、コンクリートからの熱伝導を緩和することができます。


 


 


 


 



工事中の壁軸組と石膏ボード


 


 


 


 


 


デメリットではないデットスペース!


使っていない空間を有効活用し、収納スペースが増えたり、部屋が広くなったりするのは嬉しいですね。


特に決められた専有面積の内で行うマンションリノベーションは、無駄なくリノベをしたいと思うものです。


 


ただ、デットスペースをなくして住みにくくなったら本末転倒です。



今回、お風呂は空間がすべて使える在来浴室ではなく、ユニットバスを採用しました。


工場で作られたパーツを組み立てるユニットバスはサイズが決まっており、この物件のように柱がある場合は柱を避けてユニットバスを設置しないといけません。


柱を避けてユニットバスを設置した結果、お風呂周りのデットスペースが生まれました。


 


では、なぜ在来浴室にしなかったか。


 


・高額になる


・工期が伸びる


・防水性・保温性が劣る


 


まずは、お風呂場なので防水を徹底する必要があります。


マンションの在来浴室は、モルタルで床を均し、均等にした後に防水を施し、防水を抑えるコンクリートを打ってから、床のタイルを施工します。


あくまでも「床」だけの工法です。


壁・天井には適した施工工法があり、水・お湯を使うための給水給湯配管、使った水・お湯を流す排水管、換気扇や電気の配線スイッチなどは省略しています。 


また出来上がった箱を組み立てるユニットバスと比べ、職人の高い技術が必要になり、費用も上がります。


 


工期は2~3週間延長し、費用は30~50万増額します。 ※マンション構造・広さにより異なります


 


施主様は解体済みのスケルトン物件をご購入でしたので解体費は必要ありませんでした。


元々が在来浴室であるならば、しっかりと防水処理をされている在来浴室を撤去するには専用機械が必要になり、ここでも費用が増額します。


在来浴室の生活する上での性能は、湿気が溜まりやすいのでカビが発生しやすく、タイル床は冬にとても冷たいのでヒートショックの一因にもなりかねません。


 


ユニットバスの特徴は下記の点です。


 


・工期が短い


・施工が簡易


・機能性が高い


 


掃除がしやすく、ヒートショック対策ができるのも特徴です。


「デットスペースがある」「お風呂のサイズが小さくなる」場合でも、全ての住宅に共通しているデメリットではありません。


生活で大切なことを見極め、快適に繋げることが大切です。


 



 


 


 


広さを感じる白&グレーの空間


上品さを兼ね備えた白&グレーは、洗練された大人の空間を演出します。


3枚片開き扉で洋室に繋がるの大きな出入口は、ダイニングキッチンに開放感を与えてくれます。


短い動線で生活や家事ができるので使い勝手も抜群。


 




アクセントクロス FE53370


 


 


 




 


 


 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo8