RENOVATION

洗濯機置き場と収納をトレードして家事効率・生活動線が向上したリノベ

中央区 K様邸

photo1
photo2
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都中央区

  • 間取り

    2LDK

  • 築年

    2005年(平成17年)

  • 専有面積

    60.53㎡

  • 居住構成

    ふたり暮らし

  • ブランド

    Urban Style

  • 費用

    840万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

永く住みやすい暮らしに
扉と収納の位置を変えたことで家事効率UP!




狭く感じたLDKを一新、ゆとりあるリビングへ


リビングに入った第一印象は、一般的な専有面積60㎡に比べ圧迫感があるリビングダイニングでした。


独立キッチンの壁を壊し、ゆるやかにリビングダイニングとつながる空間に。


洋室の壁の位置をずらしたことで、リビングダイニングに開放感を感じられる、ゆとりあるリビングへと生まれ変わりました。


 


 



 


 


 


 


Side:洗面室 洗濯機置き場と洋室収納をトレード


使い勝手が悪かった洗濯機置き場と洋室収納の位置をトレードしました。


リノベ前の洗面室で洗濯をする場合の家事動線を見てみましょう。



家事の動きを想定してみると「あれ、ちょっとめんどくさいな」「ひと手間かかるな」と思う間取りでした。


慣れてしまえば気にならないかもしれません。


ですが、毎日のお洗濯。


長く住む家で、ちょっとした時間でも積み重なれば相当な時間を要します。


洗面室は普段は扉を開放して使うご家庭も多いので、洗濯機置き場と洋室収納の位置をトレードし、手間をなくすよう工夫しました。


 


before:洗面室の扉を開けると、扉で隠れてしまう洗濯機置き場と洗濯の障害になっていた内開きの開き戸。


 


 


 


 


Side:洋室 洗濯機置き場と洋室収納をトレード


既存の間取りは壁から収納まで215㎝程度で、ベッドや家具の置き場所が限られていました。


 



洗濯機置き場と洋室収納の位置をトレードすることで、壁から収納までの長さが215㎝→280㎝にUP!


『ベッド+デスク』や『ベット+ナイトテーブル』など家具の選択肢がグッと広がりました。


また、洋室の出入口と収納の開口部の家具が置けない動線と開口部を重ねることでデッドスペースを削減、より部屋を広く使うことができるようになりました。


洋室の入り口は引き戸のため、洗面室のように扉が障害にならないので、収納の開閉の手間はかかりません。


 


洋室の入り口を廊下側に開くように外開きしたらいいんじゃないの?


 


と思いますが、マンションのような集合住宅で廊下からLDK・洋室に入る場合は、利便性と危険防止の面でトイレ以外は内開きが推奨されています。


(店舗や公共施設のトイレは人の出入りの条件が異なるので上記の内容が適用されません)


家具の選択肢を広げ、出入口と収納の開口スペースを重ねることでデットスペースを削減し、住みやすい間取りへ生まれ変わりました。


 




左)LIXIL 化粧洗面台  右)昇降式室内物干し


 


 


 


 


 



photo1
photo2
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9