RENOVATION

スムーズな家事動線の4LDK 躯体壁を活かしたリノベーション

神奈川県横浜市 H様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
  • 所在地

    神奈川県横浜市

  • 間取り

    4LDK

  • 築年

    1983年(昭和58年)

  • 専有面積

    95.65㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Neo Comfort -H

  • 費用

    1,240万円

担当者

薄葉 和久
岡田 健
公文 崇
薄葉 和久
薄葉 和久
USUBA Kazuhisa
リノベ事業部

二級建築士


インテリアコーディネーター


既存住宅状況調査技術者


 


お客様と直接お話しさせていただく窓口として、お客様の想いに寄り添いながら、理想の想いをカタチにしていけるように、最善のご提案を心掛けております。
これから何十年お住まいいただくお部屋だからこそ、快適で幸せなにお住まいいただける、そんなお部屋づくりを目指しています。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

スムーズな家事動線の4LDK
躯体壁を活かしたリノベーション



 


 


 


 


スムーズな家事動線


LDKと書斎室の間にある間仕切り壁は、解体できない鉄筋コンクリートの躯体壁でしたが、これを活かしてキッチン横に書斎スペースを設けました。
たっぷりの日差しが差し込む書斎室を利用し、室内物干しを設置。
また、キッチンに扉を設け、洗面室へのアクセスを向上させました。


スムーズな家事動線を実現し、快適に過ごせる住まいに生まれ変わりました。


 



 


 


 


 


ゆとりのある水回り


今回の住戸では、ユニットバス・洗面台・洗濯機の排水と排水を流すスペースであるPS(パイプスペース)がまとまっており、PS(パイプスペース)付近に躯体壁があったため、ユニットバス・洗面台・洗濯機を設置できる場所が限られていました。


限られたスペースを最大限生かし、家事動線にゆとりのある空間を実現。
洗面室の使いやすさを確保するために有効な幅を確保し、洗濯機置き場のすぐ隣に室内物干し設置しました。


 



 


ベルエでは、お客様が安心してお住まいできるよう、R1検査以外にも自社で検査を実施しています。


リノベーション後に水回りの位置替えを行うことで起きてしまうことがあるオーバーフロー。
オーバーフローとは、水が溢れること。設備交換や水回りの移動を行ったことにより排水の容量を超え、水が溢れ出すことがあります。
ベルエでは工事完了後に水を同時に流す検査を行い、オーバーフローの起きないリノベーションづくりを行っています。


 


 


 


デッドスペースを無駄にしないプランニング


玄関ホールには、鍵やマスク、インテリアを置ける便利なカウンター。
実は排水管を隠すためのカウンター。
カウンター下には、キッチンの配管は走らせています。
排水のための必要なスペースを違和感なく隠し、スペースを無駄にしないプランニングを実現。


 



 


 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8