RENOVATION

スタイリッシュで重厚感がある空間 細部までこだわった造作天井

世田谷区 A様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo6
photo7
photo8
photo1
photo2
photo3
photo4
photo6
photo7
photo8
  • 所在地

    東京都世田谷区

  • 間取り

    3LDK

  • 築年

    2002年(平成14年)

  • 専有面積

    71.65㎡

  • 居住構成

    ふたり暮らし

  • 費用

    1,070万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

スタイリッシュで重厚感がある空間
細部までこだわった造作天井



 


 


 


 


スタイリッシュで重厚感がある空間


現況の明るいフローリングと真っ白なクロスとキッチンから一変。
ダークグレーで統一されたスタイリッシュで重厚感のある空間に生まれ変わりました。
ブラックほど色が強くないので重く強すぎる雰囲気にならず、リラックスしたい時も圧迫感を感じない適度な軽さや柔らかさを持つ居心地の良い空間を実現。
また、天井下地や床下地を既存利用することでコストカットを実現しました。


 



 


こだわりの造作天井


施主様の要望のキッチン造作天井は、その細部に至るまでこだわりが詰まっていました。
既存の天井を解体し、一から新たに施工する方が簡単ですが、解体費、処分費、材料費、人件費などが多くかかります。
プランナー兼営業の細かな現地調査と施工担当・職人との連携で既存の構造を活かしながらも、施主様の理想を実現しつつコストを削減しました。


 



 


 


仕切りつつ光を通す


洋室の奥まで見えるガラスフレームはオープンでありながらも、仕切りのある別部屋として機能しています。
洋室からはリビングとつながりを保ちながら、リビングの3面の最高から自然光を取り入れ開放的な空間に。
ガラスの引戸により、リビング全体が実際よりも広く感じられ、奥の部屋とリビングが「一部だけどしっかり仕切られた空間」に生まれ変わりました。


 



 


 


『理想のカタチ』の後ろ側


ダイニングのカウンターと固定棚は棚受け金具が見えず、壁で支えるサンワカンパニー『ピッタナ』
シャープでスッキリとした固定棚は、洗練された空間を演出します。
『ピッタナ』は㎜単位でオーダー可能。
施主様ご指定のオーダー寸法が実現し理想の生活・動線が実現できるようスイッチ・コンセント配線や棚の納まりを配慮し空間をつくりあげました。


 



 


 


 


 


Before



 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo6
photo7
photo8