RENOVATION

天窓からたっぷりと差し込む自然光、既存の天窓を活かした心地の良いリビングに

文京区 H様邸

photo1
photo2
photo3
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都文京区

  • 間取り

    3LDK+W

  • 築年

    1992年(平成4年)

  • 専有面積

    88.49㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • 費用

    1,330万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

天窓からたっぷりと差し込む自然光
既存の天窓を活かした心地の良いリビングに



 


 


既存の天窓を活かしたLDK


天窓からたっぷりと差し込む自然光、既存の天窓を活かした心地の良いリビングダイニング。
既存の天窓から差し込む自然光と間接照明の柔らかな光が調和した上質で洗練されたリノベーション。
対面式キッチンで家族とコミュニケーションが取りやすい暖かな空間に。


 



 


 


生活スタイルに合わせた快適な間取り


お子様2人とご夫婦で住む施主様ご家族。
帰宅後、すぐにお子様の自室に行けてしまう間取りから、リビングを経由する間取りに変更しました。
また、夫婦の寝室は廊下直結のプライベートが守れる空間に配置。
間取り変更により、廊下を狭くし、LDK・洋室を広げることで部屋で過ごす快適さと家事動線の短縮を実現しました。


 



 


 


見えるリノベと見えないリノベ


キッチンスペースにあった洗濯機置き場を洗面室に移動させ、脱衣スペースで脱いだ服をキッチンスペースまで運ぶ手間を削減しました。
水まわりを見直し、家事動線の良い住まいに。
各部屋への段差はなく、フラットなままですが、部屋全体の床の高さを上げ、天井の高さを調整し、見た目に変化を出さずに快適な生活を実現するために工夫を凝らしています。
給水・給湯管、排水勾配の確保にも配慮し、水やお湯が出て当たり前、使った水が流れて当たり前といった生活の基本を実現しています。


 



給湯器置き場を活用


今回の物件は、マンション規約で給湯器は室内に設置することが求められていたため、『給湯器置き場』とパントリーを組み合わせ空間を有効活用し、コストを削減することに成功しました。
キッチン横のパントリーは、必要に応じて扉を閉じて目線を防ぎ、キッチンを使用する際には扉を開けることで、作業効率がUP!
給湯器本体からは障害物(壁など)と一定距離を取らなくてはいけません。
給湯器設置に必要な空間とパントリーの家事動線を重ねることでデッドスペースを削減。


 



 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9