RENOVATION

日の光が差し込む子ども部屋を2つと大きな窓を活かしたリビングダイニング

杉並区 H様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都杉並区

  • 間取り

    3LDK

  • 築年

    2002年(平成14年)

  • 専有面積

    83.89㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Urban Style

  • 費用

    1,070万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

日の光が差し込む子ども部屋を2つと
大きな窓を活かしたリビングダイニング



 


『日の光が差し込む子ども部屋を2つ』を実現


ファミリー4人でお住まいの施主様。


施主様の1番のご要望は、日のあたる子ども部屋を2つつくることでした。


キッチンの移動に制限があり、リビングが狭くなり、またダイニングとリビングがつながりのない空間に。


『日のあたる子ども部屋を2つ』を実現するためには、リビングダイニングとキッチンの間取りに無理が生じてしまいました。


そこで、あえて廊下をつくり、内窓を設置することで2つの子ども部屋に太陽の光が差し込むようにしました。


 


部屋の広さと収納の大きさを同じにすることで、姉弟で差が生まれないように配慮。


子ども部屋もリビングダイニングも快適な空間に生まれ変わりました。


 




子ども部屋(内窓設置予定)に廊下の窓からの光が差し込みます。


 


大きな窓を活かしたリビングダイニング


施主様の最優先のご要望は、『日のあたる子ども部屋を2つつくる』ことでした。


リビングダイニング側の窓で子ども部屋をつくると、2つ目の子ども部屋で同じくらいの採光が確保できるかが難しい状況でした。


また、既存のレンジフードと排気口の関係で、キッチンの移動が下記の範囲しかできませんでした。


 



キッチン全てをレンジフードの範囲内でしか動かさないと捕らわれず、しっかりと排気を確保しながら、キッチンの移設に成功しました。


もちろん、排水の勾配もしっかり確保し、R1検査で換気・排水が問題ないか確認しています。


そこで子ども部屋を共用廊下側へ。


たっぷりと太陽の光が差し込むリビングダイニングは、キッチンとつながりのある快適な空間を実現しました。


 




 


リビングダイニング収納量UPで片付けしやすい動線


育ち盛りで遊び盛りなお子さんがいるリビングダイニングには、お子さんの遊び道具や学習道具が溢れていました。


リノベーション後、各部屋に収納を増設することで、散らかってもさっと片付けられるような掃除の短縮動線を実現。


ご夫婦の寝室には収納をたっぷりと設け、幅が広い洗面台はライフスタイルに合わせて、一般的なサイズにサイズダウンしました。


サイズダウンした分の空間が収納へ生まれ変わり、キレイをキープしやすい空間に。


 



 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9