RENOVATION

2LDKを広々とした1LDKに! 収納たっぷりの家事ラクの散らない住まいを実現

練馬区 O様邸

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都練馬区

  • 間取り

    1LDK+W

  • 築年

    1985年(昭和60年)

  • 専有面積

    62.95㎡

  • 居住構成

    ふたり暮らし

  • ブランド

    Neo Comfort -H

  • 費用

    860万円

担当者

岡田 健
公文 崇
山木 百合香
岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

山木 百合香
山木 百合香
YAMAKI Yurika
リノベ事業部

二級建築士
インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター


リノベーションコーディネーター


 


担当業務は営業と設計です。
プランナーとしてお客様とのお打ち合わせから一人ひとりに合わせた生活しやすい家づくりのご提案ができるように日々心がけております。
お客様の今後の暮らしを家づくりを通してサポートできるように誠心誠意努めていきます。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

2LDKを広々とした1LDKに!
収納たっぷりの家事ラクな散らない住まいを実現



 


ライフスタイルに合わせたリノベーション


中古マンションを購入した施主様は、自分たちのライフスタイルに合わせてリノベーションしました。


大きな間取りの変更は行いませんでしたが、トイレの壁を微調整し、少し横幅を広げるだけで既存トイレの狭い印象を解消。


もともとあった和室の壁を取り除き、空間が広がる開放的なリビングを実現しました。


カラフルなアクセントクロスをふんだんに使っていますが、それぞれがシンプルな室内で、どのような家具やインテリアでも映える空間に生まれ変わりました。


 




 


 


真っすぐつづく土間空間


リノベーション前は、下足入れは収納量が少なく、玄関ドアをくぐると直ぐに壁が迫っている、狭い印象の土間スペースでした。


リノベーションで玄関土間スペースを大幅に広げ、棚の高さを調整できる可動棚設置し収納量を増やしました。


また可動棚の隣にはあえて空間を作り、傘やゴルフバックなどの背の高い長物フリーに置けるスペースを確保。


 



 


 


家事ラクの各部屋に収納


各部屋に収納を設けることで、生活動線上に収納スペースがあり無駄な動きが抑えられ、家事が軽減されるような部屋を実現。


『各部屋にある収納』は、その便利さから多くの住宅で採用されています。


 




トイレの吊り戸





洗面室のリネン庫





土間下足入れ





寝室WIC



 


 


見せる・見せないを使い分け


アーチ開口の収納と扉を付けた収納を設置した寝室。


ぱっと取り出せ、ささっと片付けできる「開閉」のひと手間を減らしたアーチ開口の収納は、使用頻度が高いものを、扉の収納はオフシーズンのものや使用頻度が低いものを収納し、見せる・見せないを使い分け。


収納を使い分けることによって、片付けをラクにし、キレイを保つための工夫を凝らしています。


 



 


 


集中力UPのワークスペース


ワークスペースに光を取り入れる室内窓。


暑い夏は室内窓を開け、空調の効いたリビングの空気を取り入れることができます。


パソコン本体・モニター・スマートフォンなどの電子機器に柔軟に対応できるように、足元と机の上にコンセントを2か所設置


仕事に集中できる空間を実現しました。


 




 


 


段差の違和感をなくしたキッチンパントリー


既存の水回りに段差があり、これをなくすためには、部屋全体の床高さを上げる必要がありました。


今回の物件は施主様のご要望に従い、床をフラットにする代わりに天井を高く見せることを優先。


キッチンの排水管は、キッチン背面の腰壁から戸境壁の中を回って、最終的にキッチンパントリーの床を通ってPSの排水口に繋げました。


キッチンパントリーに排水のための段差が生まれましたが、段差のある部分を一部屋にまとめることで違和感を解消。


キッチンパントリーはLDKの収納も兼ね、商品ストックから日用品までたっぷり収納できます。


 




 


 


before




 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9