2022.12.22 TOPICS
【リノベコラム】理想のリノベ住宅までの道のりとは? part2


 


part1では物件の売買契約までをお伝えしたので、part2ではリノベーションについてのスケジュールをメインにお伝えしていきます!


早速進めて行きましょう!


 



 


STEP8.プラン・見積もり確認


ここではお客様のご要望をより細かくプランに反映し、リノベーションの内容を決めていきます。


スムーズに仕様が決まる方もいれば、悩んでなかなか決まらない方もいらっしゃいますが、こんな時にSTEP1で収集したリノベーションのイメージ画像が役立つのです!



 


STEP9.ローン本審査


リノベーション内容が決まり、正確なお見積りが出てきたら、住宅ローン本審査に申し込みますが、売買契約書で本審査の承認期日が決められているので、遅れないようにしましょう。


途中で工事費用が上がり、借入額が増えてしまうと事前審査からやり直しになりますので事前審査での見積もり金額設定は慎重に!


 


STEP10.工事成約・工事申請


リノベーション内容が決まったら、ローンの本審査と同時進行でリノベーション工事の契約、工事申請を進めます。


マンションへの工事申請は、一般的なマンションの場合2週間~3週間程度で許可が出るのですが、厳しいマンションだと1か月以上かかるところもありますので、事前に確認をしておきましょう!


 


STEP11.物件引渡し


ここでついに物件が引き渡され、所有者が変更になり、住宅ローンの支払がスタートします。


物件引渡しは通常平日に行うことが多いので、土日休みのお仕事の方は、有給を使う必要がありますね!


物件引渡しでもらった物件の鍵は、工事期間中1本だけお借りし物件にて管理します。


 


STEP12.工事着工


工事申請の許可が下りたら工事スタートです。


住宅ローンと、現在の家賃の2重支払い期間をなるべく短くするために、工事着工の直前に物件決済・引渡しになるのが理想的なスケジュール!


リノベ―ション工事では、解体後に一部プランの変更を余儀なくされるケースがあり、その際は改めてお打合せが必要になります。



 


STEP13.完了検査


リノベーション工事が終わり、クリーニング清掃を行った後に、不具合が無いかの完了検査を行います。


リノステージの場合、徹底した検査を行うため検査期間を2週間頂いています。


この期間には、お客様にも最終確認をして頂き、指摘があれば手直しを行います。


 


STEP14.リノベ完成・お引渡し


検査が全て終わればついに完成。


お引渡し確認と書類の記入、鍵のご返却が終了したら、理想のリノベーション住宅での暮らしがスタートです!



 


最後に・・・


少しでも早く新居での生活をスタートするために、「一旦引っ越して後々リノベーションをしよう」「壊れているところだけ部分的にリフォームしよう」という方がいらっしゃいますが、それは絶対にオススメしません!


一度引っ越した後にリノベーションを行うと、工事中の仮住まい、断捨離に引越しなどの費用が掛かり、「リノベーション」のハードルがとても高くなってしまったり・・・


部分的にリフォームしても、生活後にリフォームをしていない別のところに不具合が出てきてしまう可能性も・・・


なのでリノベーションをするのは『物件購入のタイミングが最適!』と言われているんです!


 


少し時間が掛かっても、理想のリノベーションを追求することで、1人1人にとって住み心地の良い最高の住まいができるのは明確です!


ぜひスケジュールには余裕を持って中古+リノベーションを計画してみましょう!


 


参考にしてみてください!