2023.01.12 TOPICS
【リノベコラム】マンションリノベでできること、できないこと


 


リノベーションは、自由に間取り変更が出来ると思われがちですが、決してそんなことはありません。


特にマンションのリノベーションは集合住宅ならではの規約があり、できること・できないことが明確に決められているのです。


また、無理に変更することによって、その後の生活に支障が出てしまうケースも・・・


マンションによって規約の内容は多少異なってきますが、


今回は一般的な、マンションリノベーションでできること・できないことをお伝えしていきます!


 


 


マンションリノベで絶対できないこと!



① 構造壁・柱・梁


上記のマンションは、「ラーメン構造」と言われる柱や梁で構成された構造になっており、この場合、マンションの構造を支えているコンクリート壁・柱・梁の撤去・加工をすることは絶対にできません。


 



上記のマンションは、ラーメン構造とは異なり「壁式構造」と言われる柱や梁がなく壁のみで構成された、低層階のマンションで多く見られる構造です。


壁式構造の場合、壁自体がマンションの構造を支えており、壁撤去がほとんど出来ない為、リノベーションによる間取りの変更には向かないマンションです。


 


② パイプスペース


パイプスペースとは、マンションの最上階から最下階まで縦排管が通っている空間になります。


基本的にはキッチン・トイレ・浴室洗面の3か所設けられているケースが多く、それ以外にエアコン用の配管などが収められているケースがありますが、撤去や位置の移動をすることができません。


 



 


 


制限や、条件が合えばできること!



③ 玄関ドア・窓


玄関ドアや窓は共有部分に当たる為、自由に交換などは出来ません。


ただ、室内の窓枠をお部屋のテイストに合わせてカラー交換したり、部品の交換することは可能です。


 




 


④ バルコニー


バルコニーも共有部分に当たり、マンションの外観に関わることから、自由に手を加えることは出来ません。


マンションの規約次第ではありますが、すぐに取り外しの出来るウッドデッキパネルを敷き詰めることは可能です。


 


⑤ 水まわりの移動


水まわりの設備交換はもちろん可能ですが、位置の移動となると注意が必要です。


水まわりは、正しく水を流すために排水に勾配を付けなくてはいけないので、適正の位置から移動をすることで床が上がってしまったり、詰まりの原因となってしまいます。


特にトイレの大幅な移動は避けた方がいいでしょう!


 


 


マンションリノベでできること



⑥ 間仕切り壁


上記のラーメン構造の場合、パイプスペースを避けた室内の壁は全て撤去が可能です。


間仕切り壁を全て撤去して1LDKにすることも、もっと細かく部屋を仕切ることもできます。


ただ、間仕切り壁の解体場所と新しく壁を作る場所が多ければ多いほど、工事費用は増えてしまいます。


 


⑦ フローリング


フローリングはマンションによって「遮音等級」というものが決められており、使用できるフローリングの種類が決まりますが、その決められた範囲内であれば自由に交換をすることが可能です。


ただマンションの規約によっては、「フローリングNG・カーペットのみ」という物件もある為、現状カーペットが使用されている物件は注意しましょう!


 


 


いかがでしたか?


このようにマンションリノベーションでは、共同住宅ならではのできること・できないことが細かく定められており、施工会社のノウハウが特に重要になってきます!


もし、マンションのリノベーションをご検討なら、マンションリノベーションの実績というのも、業者を選定する1つの判断基準にして頂くとよいかと思います。


ぜひ参考にしてみてください!