2023.01.26 TOPICS
【リノベコラム】キッチンの本音


物件を購入するとき、リノベーションをするとき、多くの方が重要視すると答えているのが「キッチン」です。


家事のしやすさや、家族とのコミュニケーションは、今後の生活の中で大きく影響するので、


自分たちにとってより良いものは何か、よく考えて選択していく必要があります!


 


今回は、主な4つのキッチンプランに分けて、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしていきましょう。


 


独立型キッチン


ダイニングや他の部屋と分かれており、完全に独立した部屋の中にあるキッチン。



本音メリット


・急な来客がきてもキッチンを見られずに済む。


・調理器具や食器などが多くても、リビングに生活感が出ない。


・調理をしていてもリビングやダイニングににおいや煙が広がりにくい。


本音デメリット


・リビングの様子が分かりにくく、孤立感がある。


・調理中は暑く、キッチンまでエアコンの風が届かない。


・窓がなく暗いので、昼でも照明を付けないといけない。


 


 


壁付けキッチン


ダイニングに位置し、キッチンの前面が壁に接しているタイプのキッチン



本音メリット


・キッチンとダイニングの境目がないから広々と使える。


・水ハネや油ハネを気にせず作業ができる。


・振り返ればダイニングテーブルがあるので、作業動線が短く配膳がラク。


本音デメリット


・キッチンが丸見えなので、洗っていない食器があると汚く見える。


・リビングに背を向けているので、家族との会話や、テレビを見る度に作業が止まる。


・荷物を置く場所が少なく、食器棚や家電収納を置くスペースが必要。


 


 


対面キッチン セミオープン対面


キッチンとダイニングの間を腰壁で仕切るタイプのキッチン



本音メリット


・開放感がありLDを見渡せるが、LD側からはキッチンの手元が見えない


・壁付けI型キッチンなので、キッチン本体のコストが下がる。


・フルフラットキッチンより水ハネ、油ハネを気にしない。


本音デメリット


・調理中のにおいや煙がLDに広がる


・対面側にカウンターを作らないと、配膳の動線が長くなる


・開放感に少し物足りなさを感じるときがある。


 


 


対面キッチン フルフラット対面


壁で仕切られておらず、キッチン一体型のオープンタイプのキッチン



本音メリット


・開放感が圧倒的に違うので、家族とコミュニケーションが取れる。


・キッチンに存在感があって、キレイでおしゃれなLDKになる。


・キッチンに段差がないので、調理から配膳までの作業がしやすい。


本音デメリット


・キッチンが大きいので余裕を持った間取り、スペースが必要。


・ダイニングから丸見えなので、シンクの水ハネや、コンロの油ハネの掃除が大変。


・他のキッチンよりコストがかかる。


 


 


如何でしたか?


キッチンに何を重要視しているのか、お部屋の広さや間取りによって、選択するキッチンレイアウトは違ってきます。


メリット・デメリットを理解することで、自分に合ったキッチンプランがお分かりいただけるかと思います!


これから物件を探される方、リノベーションをされる方は、ぜひ参考にしてみてください!