2023.03.09 TOPICS
【リノベコラム】個性を出すにはクロスが重要!


 


初めて物件購入やリノベーションを検討し始める人の多くは30~40代とされており、この世代を「ミレニアル世代」(1980年~1995年生まれ)と呼ばれているのを知っていますか?


ミレニアル世代は、インターネットの普及とともに育ち、常に様々な情報に触れたことで、



・高価なものへの興味が薄い


・好きなもの・好きなこと(体験)などへお金を投資する


・多様性に寛容で、個性をとても重要視する



などの、それ以前の世代とは異なる価値観を持つ世代と言われています。


 


じっくりと時間をかけて、自分の合ったものをつくるというワクワク感、他にはない自分らしさを表現できるリノベーションは、ミレニアル世代の新たな住宅の選択肢として、定番となりつつあります。


その中でも比較的安価に、選択するものによってお部屋の雰囲気を180°変えられるクロスは、ミレニアル世代にとって最も重要なアイテムなのです。


 


 


クロスの種類



リノベーションでは、主にこの2タイプのクロスから選定していきます。


量産品クロス、1000番クロス共にたくさんの種類がある為、選ぶのにかなりの時間を費やす人も・・・


特に1000番クロスは、カタログへの掲載されているサンプルサイズがとても小さいため、気になったクロスは各メーカーから大判サンプルを取り寄せるのがいいでしょう!


 


 


クロスのメーカー



クロスの国内シェア50%を誇るサンゲツ。


シンプルなものから、デザイン性が高いものまで、幅広いラインナップが特徴。


汚れ防止や抗ウイルスなどの機能性に優れたクロスを多く揃えており、ムーミンやスヌーピーなどのキャラクター柄も人気!


■サンゲツショールーム


東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー4階


 


 



デザイン性や装飾性が高いクロスが特徴のリリカラ。


ベーシックなものはもちろん、ブランドコレクションという「ウィリアム・モリス」や「ミッフィー」、「Kioi」という伊勢型紙からモチーフを得たクロスなど、ブランドクロスを多数所有。


■リリカラショールーム


東京都新宿区西新宿7-5-20 リリカラ本社2階


 


 



幼児の城などカラーバリエーションが豊富なルノン。


空気を洗う壁紙、汚れ防止壁紙などの機能性クロスや和テイストのクロスなどが特徴で、クロスの他にも豊富な襖紙の取り扱いがある。


現在ショールームはない為、サンプルでの確認となります。


 


 



輸入クロスは、国内クロスにはないデザインやカラーが特徴!


ただ、国内のものと比べ高額な商品が多く、さらに輸入費、輸入までの時間もかかるので注意が必要です。


また、国内クロスとは紙質が違うため、施工費が増額になる場合もあります。


 


 


如何でしたか?


上記のメーカー以外にも、シンコール、トキワ、東リなど・・・実はクロスメーカーってたくさんあるんです!


たくさんの種類があると、「あれも良いな」「これも良いな」と気持ちがブレてしまい、なかなか決まらないこともあるので、参考にするイメージ写真などを持っていると進めやすいです!


もしイメージがまとまらない場合は、プランナーさんに相談してみるのもOK!


プロ目線からのアドバイスがもらえるかもしれませんよ♪


 


ぜひ参考にしてみてください!