2023.10.12 TOPICS
【リノベコラム】みんな大好き!タイル活用術!!


 


高級物件、デザイナーズ物件、おしゃれリノベ物件に必ず登場する「タイル」。


形状、大きさ、カラーなど数多くのバリエーションが存在し、好みのタイルを選ぶことによって、個性豊かな住まいに仕上がります。


今回はタイルについて、ベルエの過去の事例をもとにお伝えしていきましょう!


 


 


そもそもタイルとは・・・?


タイルは、粘土や無機質原料などで形をつくり、高温で焼成されたものです。


建物の内外装の床や壁に覆う平板上で陶磁器製の建築材料の一つとなります。


正方形、長方形などが一般的ですが、最近では様々な形状のものがあり、劣化や変色、変質がなく、熱、火、水にも強いためお手入れしやすく、様々な箇所に使用ができるのが特徴です。



 


 


タイルを使う場所って?


デコボコしていない平らな壁や床であれば、どこに使用しても大丈夫ですが、


壁ならリビング・キッチン・洗面、床なら玄関などに使用するケースが多いです。


 


リビングの場合



家族がくつろぐリビングには、家具やインテリアを引き立たせるシンプルなタイルがオススメ!


特に凹凸のあるタイルは、照明の角度によって陰影が生まれ、より高級感を演出することができます。


左:LIXILエコカラットプラス ノルディックカラー セージグリーン


中央:LIXILエコカラットプラス ストーングレース グレー


右:LIXILエコカラットプラス ヴァルスロック アッシュブラウン


 


キッチンの場合



キッチンには、水ハネや油ハネなどから、清掃性の高いツルッとした表面のタイルがオススメ!


キッチンではタイルを貼る範囲も少ないため、少し遊び心のあるデザインタイルを選ぶ人も多いです。


左は:施主支給品のチュニジアタイル


中央:シンプルな白タイルに2本のモザイクタイルのライン


右は:施主支給品のヘキサゴンタイル


 


洗面室の場合



洗面室には、キッチン同様に清掃性の高いツルッとした表面のタイルがオススメ!


洗面ボウルとミラーの間の壁に貼るケースが多く、清潔感のあるホワイト系のタイルが人気です!


左:タイルパーク サブウェイ ホワイト


中央:名古屋モザイク シェヴロンウォール ホワイト


右:LIXIL ミックスモザイク コロリート


 


床の場合



床には、清潔感と高級感のある大判タイルがオススメ!


艶ありタイルなら照明を反射してより明るい空間になります。


左・中央左:LIXIL フォスキー


中央右:LIXIL ジェントフロア


右:LIXIL ゼロスⅡ


 


 


デメリットも知っておこう!


費用がかかる


タイルを使用すると、商品代と施工費が追加かかるため費用が上がります。


予算と要望のバランスを見ながら決めていきましょう!


 


冷たい


特に床にタイルを使用する場合、冬はとても冷えるというお声がよくあります。


部分的なカーペットの使用や、ヒーターを使うといいでしょう。


 


目地からの汚れ


タイルとタイルの繋ぎ目を目地といい、この目地に白やグレーの目地材を入れるのが一般的ですが、カビや汚れなどが徐々に目立ってきます。


カビや汚れを発生させない為にも日々のメンテナンスが必要になってきます。


 


 


いかがでしたか?


少し取り入れるだけでも、ガラッと雰囲気を変えることができるタイル!


バリエーションがとても多く、壁紙同様に選ぶのにとても時間が掛かるかもしれませんが、お気に入りのタイルのある暮らしは、日々の生活を明るくしてくれます!


ぜひ参考にしてみてください!