RENOVATION

室内物干しとルンバ基地を先人から学ぶ

先人の知恵コレクション

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都板橋区

  • 間取り

    2LDK

  • 築年

    1996年(平成8年)

  • 専有面積

    68.81㎡

  • 居住構成

    ふたり暮らし

  • ブランド

    Neo Comfort -H

  • 費用

    700万円

担当者

薄葉 和久
岡田 健
公文 崇
薄葉 和久
薄葉 和久
USUBA Kazuhisa
リノベ事業部

二級建築士


インテリアコーディネーター


既存住宅状況調査技術者


 


お客様と直接お話しさせていただく窓口として、お客様の想いに寄り添いながら、理想の想いをカタチにしていけるように、最善のご提案を心掛けております。
これから何十年お住まいいただくお部屋だからこそ、快適で幸せなにお住まいいただける、そんなお部屋づくりを目指しています。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたH様にお話を伺ってきました。


 


 


―今回購入された物件は、元々住んでいた家と同じ区内のマンションですが、条件などはあったのですか?


 


奥様


夫が不動産の仲介をやっているので、予算や広さ、通勤のアクセスなどを伝えただけで、物件については任せているような感じでした。


実は当初は、不動産を買っておこう!ということになって、自分たちが住むのではなく、オーナーチェンジの物件を探していたんです。


いろんな物件の候補の中から、このマンションの別のお部屋のオーナーチェンジ物件が気に入って、色々調べていたら、その物件よりもフロアが上階で、もっと安く出ているこの部屋を見つけて、オーナーチェンジでなくてもいいか!こっちにしよう!ついでに引っ越しもしちゃおう!ってなったんです。


 


 


―それでご自身で住まわれるためにリノベーションをされたのですね!


では沢山のリノベーション会社さんがある中で、弊社を知って頂けたきっかけと、弊社に決めて頂いた理由を教えて下さい。


 


奥様


エフステージさんの営業さんと、主人が何度かお仕事をしたことがあったようで、事前に夫を通して、御社のリノベーション済み物件を2,3件見させてもらったんです。


夫は他のリノベーション業者さんとも付き合いがあるので、夫の不動産仲介目線で、リノステージさんの良いところ・悪いところ、他のリノベーション業者さんの良いところ・悪いところを説明してくれました。


それを踏まえて夫が「リノステージさんがいい」ってことだったので、「じゃあそうしよう!」ってなりました。


 


 


―では、リノベーションについてお伺いしたいと思います。


まず、個人的にすごく気になっていたのが、今回室内物干しを4か所も付けられたのはなぜですか?


 


奥様


フルリノベーションをするにあたって、すでに家を建てた友達とかに「良かったところ」「後悔したところ」を沢山聞いたんです!


その中で「室内物干しは付けられるだけ付けた方がいい」というアドバイスをもらっていました。


最初はもう1か所付けようと思っていたんですけど、それだと多すぎるかなって思って1個減らしたんです・・・今思えばもう1か所付けといても良かったかも。


 


 


―室内物干しはどのように活用しているのですか?


 


奥様


乾いていない洗濯物は、リビングだと邪魔なので、奥の洋室で乾ききるまで干したり、シーツとかタオルケットとか、沢山洗ったときは一度に干せるので助かってます!


夫は、奥の洋室で干している洋服から収穫して、着替えて出ていくスタイルが定着しつつあって(笑)


 雨はもちろんのこと、花粉・PM2.5・黄砂が付くことがなく、紫外線による衣類のダメージを抑えられます。


 


―WICのような使い方をされている感じですね(笑)


では今回のリノベーションで、奥様のお気に入りのポイントは?


 


奥様


キッチン周りですね。


今まで賃貸だったので家に対してあまり執着が無かったというのもあって、ここは嫌だとか、こうだったら良かったのにってそういう面ばかり見ていたんですけど、今回のリノベーションで全て解消できたのが一番良かったですね!


 


 


―キッチンで言うと、キッチンパネルを通常より幅広く設置することにこだわられたとか!


 


奥様


そうですね、それもインスタとか、ピンタレストとか、ルームクリップとかを日々徘徊して「やって良かったポイント」とか「後悔したポイント」とかのハッシュタグを探して、その中に「キッチンパネルを広げて良かった」というのがあったんです(笑)


 



先人の知恵を拝借し、設置範囲を広げたキッチンパネル。料理汚れ・油跳ねも安心です。


 


―そうなんですね!ちなみに、ご友人のアドバイスや、SNSの情報は、他にどんなものがあったのですか?


 


奥様


室内物干しの設置する向きだったり、あとコンセントも付けられるだけ付けた方がいいとか、インテリアの色味ですとか?


いろんなところから先人の知恵をもらいましたね(笑)


 


 


―今は情報が溢れているので、色々な情報の良いところ取りが出来ますよね!


 


奥様


ありがたいですよね。今の時代で本当に良かった(笑)


 


 


―ご主人様のこだわったポイントとかはあったのですか?


 


奥様


好きにしていいよって言ってくれていたんですが、フローリングとか、建具とか壁紙とか、あれこれ決めて、本当に最後の最後のタイミングで、フローリング幅の細いのが嫌だって夫が言い出したんです(笑)


 


 


―ご主人はお仕事柄、沢山のリノベーションを見られているので、こだわりがあったのですかね?


 


奥様


そうなんですかね?


L40のフローリング等級規制を守らなくてはいけなかったので、あまり選択肢が無くて・・・


色味が変わると印象が変わるじゃないですか、でも仕上がってみて、あまり印象が変わらなかったので良かったですね!


 


 


―それは良かったです!インテリアとかも全体的に統一感がありますが、家具類は全部買い替えたのですか?


 


奥様


いえ、ほとんど前の家から持ってきたものです。


新しく買ったのは、専用基地を作ってもらったルンバくらい!


 お掃除の助っ人ルンバと旦那様こだわりのフローリング、幅143㎜のNODAアートクチュール・ソン40


 


―そうなんですね!じゃあ前の家も同じようなテイストのお家だったのですね?


 


奥様


そうですね、ただ前の家は壁紙がとてもファンシーで・・・お花や鳥が飛んでいました(笑)


壁紙自体は可愛いんですけど、好みの家具とは合わなくて、そこは居心地あまりが良くなかったかも。


なので、今回は柄物は一切なくしてスタイリッシュにって思っていました。


 


―では、今後のお部屋の展望などありますか?


 


奥様


もうちょっと何かしたいなとは思っているんですが、2人ともあまり知識が無いので、あれこれやってごちゃごちゃしちゃうよりも、殺風景寸前くらいの方がいいかも!


あとはもう少し生活を楽にしたいので、手をかけずに生活することを追求していこうかな(笑)


 



 


 


 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9