RENOVATION

定額リノベでL型キッチンとトイレ手洗い器をプラス

パッケージ・ベスト・フィット

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都目黒区

  • 間取り

    3LDK

  • 築年

    1978年(昭和53年)

  • 専有面積

    59.41㎡

  • 居住構成

    ふたり暮らし

  • ブランド

    Urban Style

  • 費用

    720万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

 こだわりの間取りと内装を実現されたO様にお話を伺ってきました。


 


 


―今回リノベーションを検討されて、弊社にお問い合わせ頂いた、経緯を教えてください。


ご主人


この部屋は前から所有していたんですけど、ずっと賃貸に出していたんです。


ここに引っ越す前は、都内の別の場所に住んでいたのですが、新しい生活をしたいと思って、この部屋が退去されたタイミングでリノベーションをして、ここに住むことにしました。


奥さま


リノベーションをするにあたって、インスタでインテリアとかデザインを検索していたら、リノステージさんの広告がパッとでてきて「定額制でこんなのあるんだ~」と・・・


それからHPを検索して申し込みました。


 


 


―弊社に決めていただいた、決め手はなんでしょうか?


 


ご主人


さきほど妻がお話させていただいた「定額制」だったことですね。


他に3社ほど相見積もりしていたんですが、金額がわかりづらくて・・・


リノステージさんは、この金額でこれ以上は超えませんって最初の時にお伝えいただいたので、そこの安心感が一番のポイントだったと思います。


 


 


―定額パックですと、住宅設備の商品がパッケージ化されていますが、こだわりなど、そういった部分では問題はありませんでしたか?


 


奥さま


前に住んでいたところが賃貸で古かったので、「このメーカーさんのこのコンロがいい!」のような、具体的なこだわりがなかったですね。


新しい設備で、使いやすいものであれば十分だったので、定額パックの内容で満足しています。


ご主人


ただ、メーカーのショールームには頻繁に行って、最近の設備はどういうものがあるのかは見に行きましたね。


奥さま


設備は、定額パックじゃなかったらすごい悩んでいたと思いますよ。


最新の設備を使うかどうかは別として、「どうせ入れるならいいものを入れよう」みたいに思っただろうし、そうなるとどんどん値段が上がっていったと思います。


でも今までの生活スタイルを考えても、定額パックの設備内容であれば十分だよねって納得しました。


結構優柔不断なので、ある程度決まっていることで選びやすかったですね。


 


 


―リノベーションするにあたって、お二人のこだわったポイントなどありますか?


 


ご主人


最初の打ち合わせで、水回りを中心に3点のお願いしました。


「キッチンを対面式にしたい」と、「お風呂が小さかったので大きくしたい」、


あと「トイレと洗面の出入りを別にしたい」この3点ですね。


キッチンはスペースなどを考えて、最終的にはL型になりました。


ユニットバスも元々のサイズから2サイズアップしてもらいましたね!


当初は、もう一個上のサイズを入れられるか相談していたんですけど、それは入らなかったです(笑)


それでも今の大きさでも十分満足していますよ!


奥さま


あとはトイレと洗面を別にしたので、トイレに手洗い器を追加してもらいました。


洗面が離れたので、トイレ内で手洗いまで完結させられるように!


 


 


―標準仕様では、タンクの上に手洗いが付いているトイレですが、それではなく、手洗い器を別にしたかったということですよね?


 


奥さま


そうなんです・・・


タンクの上で手を洗うと、水が跳ねるし、それからタオルで手を拭くときも、ぽたぽたっと水滴が落ちるのも気になって・・・


タンクの中の掃除も必要になってきますし、埃がたまりやすいですしね、トイレと手洗い器を別にするのは最初から決めていました。


 


 


手洗いを別に設けることで水はねを最小限に抑え、清掃の手間を省き、清潔感を保ちます。


 


―L型のキッチンの使い勝手はいかがでしょうか?


 


奥さま


実は、L型にするのにけっこう悩んだんです。


I型の方がスペース確保しやすいかな~とか、狭すぎないかな~とか、


今までL型キッチンを使ったことが無かったので、頭の中でシュミレーションしたんですけど、


なんとなくよくわからないまま完成してしまいました(笑)


でもまったく狭さも感じないですし、作業的にも使いづらい部分はないですね。


 


 


―カラーについては決めるのに悩まなかったですか?


 


奥さま


キッチンキャビネットの色は考えましたね。


最初はもっと重たい色だったんですけど、LIXILさんのショールームに行ってみて、今の色に決めました。


あとインスタグラムは、すごく参考にしました。


この色の方がこの場合はいいのかとか、素材とかもこっちの方がいいとか、


「こうしてよかったポイント」とかの記事を参考にしたり、いろいろ見ていましたね。


 


 


L型キッチンは、コンロ・シンク・冷蔵庫からなる三角形「ワークトライアングル」の移動距離を短くできるメリットがあります。


 


―住んでみて、こうしたらよかったポイントはありますか?


 


ご主人


今はないですね。


奥さま


本当にしいて言うなら洗濯機の上が、ちょっと暗いかな~くらいですかね。


でも、普通に困らないですし、逆に梁があるのによく避けて設置してくれたなって思ってます!


ご主人


そう!梁の部分は仕上がったときにびっくりしましたね。


むき出しの時に梁を見て、これどうなっちゃうんだろう・・・すごく低くない?って思っていたんです。


正直、工事の2か月間は不安でしたね、仕上がった時にどのくらい低く感じるんだろうって・・・


もちろん吉原さんのことは信じていましたけどね(笑)


完成したら、本当にびっくりするくらいキレイになっていて、あれだけ低く感じていた梁が、今は低さを感じていません!


梁の高さは変わらないはずだから、視覚的に、壁紙を貼って空間が白くなったからなのか、照明のせいなのかは分からないですけどね(笑)


 


 


左:工事中のコンクリートむき出しの梁


右:完成した洗面室、化粧洗面台は梁を避けキャビネットは洗面台と同じ高さにせず収納力を向上させました。


 


―ありがとうございます!


今後リノベーションをする方々へアドバイスはありますか?


 


ご主人


リノベーションについて、よく分からない人は定額パックの方がいんじゃないかな。


わからないというか、こだわりの少ない方ですね。


標準仕様が決まっているので、想像もしやすいですし、進めやすかったです。


奥さま


吉原さんは、お話が上手でうまく引き出していただいて助かったんですけど、


最低限、自分でも情報を取り入れて、自分に必要なものは何か、生活で何を優先するか、そこを分かった上で、リノベーション会社に相談に行った方がいいと思いますよ。


 


 


 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9