RENOVATION

パントリーが充実、フレキシブルに使える広々リビングのリノベーション

育った家と育てる家

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都足立区

  • 間取り

    3LDK

  • 築年

    1995年(平成7年)

  • 専有面積

    61.24㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Neo Comfort -H

  • 費用

    690万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたH様にお話を伺ってきました。


 


―こちらのマンションをご購入した経緯を教えてください。


 


ご主人


このマンションは両親が住んでいて、僕が子供のころから住んでいたマンションなので、空室が出たタイミングで購入しました。


以前からマンションは探していたんですけど、他の物件は条件が合わなかったのと、前々からここに住めたらいいなと狙っていたんです!


僕の年齢と同じくらいの築年数のマンションで、設備とかも古いのでリノベーションはしようと思っていましたね。


仲介さんにリノベーション会社を3社紹介してもらったのですが、そのうちの1社がリノステージさんでした。


 


 


―その3社の中から、なぜ当社に決めてくださいましたか?


 


ご主人


最初の打ち合わせの段階で、直感的に吉原さんと一緒にリノベーションがしたいなって思ったんです。


年齢も比較的近かったので、話しやすさだったり、こちらの要望もすぐにくみ取ってくれたり。


そしたら、他の2社はリノステージさんより見積もり金額が高く出てきて、キッチンやお風呂もリノステージさんよりグレードの低い設備が入っていたので、その時点で決まりましたね。


奥様


完成予想のパースを出してくれる会社さんもあったんですが、仕上がりがあまり良くなくて・・・ここは違うなって。


あと要望を伝えても『あれは出来ない』『これは出来ない』って言われることが多くて心配だったのですが、吉原さんはいろいろと工夫してくれて、こうした方がいいのではと提案をしてくれたんです。


 


 


―そうだったんですね!ありがとうございます!


では、リノベーションをするに当たって最初のご要望はなんでしたか?


 


奥様


リビングを広くしたかったので、リビングの隣の部屋の壁を無くしたかったんです。


今はリビングを広く利用して、将来的には個室にできるように3枚引き戸を入れているんですけど、一体感のあるリビングにしたかったので、壁の中に収納できる扉にして部屋の区切りを隠せるようにしました。


あとこだわったのはキッチンパントリーですね!収納がたくさんほしくて。


 



 キレイに壁の中に隠し、建具の存在感を最小限にした3枚片引き戸


 


―最初のご要望では、キッチンパントリーがキッチンと廊下から出入りできる2 wayだったとお聞きしました。


最終的には出入り口をひとつに変えられたのはどうしてでしょう?


 


奥様


最初は家事動線の良さを優先して、回遊できる間取りにしたかったのですが、扉を入れて通路にしてしまうと動線部分の収納が減ってしまうので、将来のことを考えて家事動線より収納の量を優先させました。


 



キッチンの隣には収納力抜群のキッチンパントリー。


 


―玄関周りのシューズクローゼットとウォークインクローゼットはかなり悩まれたようですね?


 


奥様


最初はベビーカーが入れられるシューズインクローゼットがほしかったんです。


ただ、シューズインクローゼットが大きくなると洋室が狭くなってしまうので、シューズインクローゼットの大きさを優先するか、部屋のウォークインクローゼットを優先するか、ずっと悩んでいましたね。


ご主人


ベビーカーは子供が大きくなると使い道がないですし、吉原さんに今の間取りのシューズクローゼットとウォークインクローゼットの方が使い勝手が良いと思いますっと言ってもらって、やっと諦めがついたといいますか、決断ができました。


実際に使ってみても、いろいろなものを入れられるのでウォークインクローゼットを優先して良かったと思いますし、ベビーカーもほとんど車に積んだままにしているので、ベビーカー置場がなくて玄関がせまいと感じたことはないですね。


 


 


―今回のリノベーションは定額パックをご利用でしたが、わかりづらかった部分はありましたか?


 


ご主人


特になかったです。


今までアパートにしか住んだことがなかったですし、実家のこのマンションも築20年以上経っているので、良いものに触れてなかったのもあって定額パックの設備で充分だなって。


むしろ充分すぎるくらいのかなり良い設備を入れてもらったと思っています!


 


 


―全体的にグレイッシュなアクセントクロスをお選びで落ち着いた雰囲気で可愛いですね。


 


奥様


トイレのチェックのアクセントクロスが一番のお気に入りです。


私がグレーやくすんだ色が好きで、『暗すぎない感じにしたい』『かっこいい感じも取り入れたい』という感じで、自分の『好きなもの』を集めていたらこうなりました(笑)


最初はイメージがつかなくて、ずっと携帯とにらめっこでしたね。


実はお打合せで一度クロスを全部決めたんですけど、こういう色って流行っているのか、インスタとか見ているとたくさん出てくるんですよ。


それを見るたびに『こっちがいいな』『やっぱこれがいい』ってなってしまって、最初に選んだクロスとは最終的に全部変わっちゃいましたね(笑)


お打合せは選ぶものが多くて大変だったけど楽しかったです。


 


 


―住んでみてここをこうしたらよかったポイントはありましたか?


 


ご主人


リビングのテレビのコンセントです。


テレビの横からコンセントが見えていて、それが気になっています。


奥様


テレビはここに置くと決めていたのでテレビの真後ろの見えない位置にコンセント指定すればよかったです。


子どもが触っちゃうので今は観葉植物でガードをしています。


 



お子さんが触らないように観葉植物で隠したテレビ用コンセント


 


―こんな家具入れたいこんな部屋にしたいなど、今後の展望はありますか?


 


奥様


キッチンにカップボードを付けたいです。


ほとんどの家具は前の家から持ってきたもので、食器棚もそのまま使っているのでいつかカップボードを付けられたらいいですね。


ご主人


今までも家具家電などはスタイリッシュなものを選ぶことが多かったので、新しい家にも違和感がなく使えているので良かったです!


全てを買い替えるとなると大変ですしね。


 


 


―今後、リノベーションをする方へアドバイスをお願いします。


 


ご主人


プランナーさんとしっかり信頼関係を築いていけば良いものが作れると思いますね。


吉原さんにはたくさん質問もしたし、相談にものってもらったので、そういうなんでも相談できる関係づくりは結構重要だと思います。


なので直感的に吉原さんがいいなと思ったことは間違いではなかったですね!


 


 


 


 


 


 




 

同じ物件の事例を見る

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9