RENOVATION

壁式構造の3Kをフルリノベーションで1LDKに変更した住まい

むすんで、つむいで、つないで、

photo1
photo2
photo3
photo5
photo6
photo7
photo8
photo1
photo2
photo3
photo5
photo6
photo7
photo8
  • 所在地

    東京都大田区

  • 間取り

    1LDK+W

  • 築年

    1978年(昭和53年)

  • 専有面積

    68㎡

  • 居住構成

    ひとり暮らし

  • 費用

    1,050万円

担当者

薄葉 和久
岡田 健
公文 崇
薄葉 和久
薄葉 和久
USUBA Kazuhisa
リノベ事業部

二級建築士


インテリアコーディネーター


既存住宅状況調査技術者


 


お客様と直接お話しさせていただく窓口として、お客様の想いに寄り添いながら、理想の想いをカタチにしていけるように、最善のご提案を心掛けております。
これから何十年お住まいいただくお部屋だからこそ、快適で幸せなにお住まいいただける、そんなお部屋づくりを目指しています。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたT様にお話を伺ってきました。


 


 


―今回、ご自宅のリノベーションを行ったきっかけを教えてください。


 


この家はもともと母が住んでいたんですが、私が譲り受けて住むことになりました。


古い家だったので、ちょうどいい機会だと思って、リノベーションをしました。


 


 


―リノステージは、どこで知っていただいたんでしょうか


 


上の階に娘が住んでいて、そこのリノベーションをしたのがリノステージさんでした。


一応、他の会社にもプランと見積を依頼していたんですが、金額とか内容とかを見てリノステージさんにお願いしました。


 


 


―ありがとうございます!


リノベーションをする際に、こだわった部分はどこでしょうか。


 


キッチンの壁をなくして、リビングを広くしたところです。


と言っても、この家はコンクリートの壁が多くて、コンクリートは壊せないと言われたので、壊せる部分の壁を取り払ってもらい、リビングを広くして対面キッチンにしました。


できれば、キッチンをもう少し窓側に寄せたかったんですが、コンクリートの壁があったので、この壁に合わせてキッチンを対面にしました。


キッチンからカップボードへはスムーズに移動できるし、収納もたくさんあっていいですね。


あと、コンロ前のカウンターは、インテリアだったり、調味料だったり、ちょっとした物を置けるので気に入っています。


 



 


―以前は、玄関周りのカビがお悩みとお聞きしましたが、インナーサッシとエコカラットを入れて変化はありましたか?


 


前はお風呂に換気扇がなくて、窓を開けていても換気していたんですが、それでも湿気が部屋にこもってしまい、カビがひどくて壁が真っ黒だったんです。


リノベーションをしてから、湿度はあまり気にならなくなった気がします。


玄関以外にもリビングとトイレにもエコカラットを入れて、トイレのエコカラットのデザインは特にお気に入りですね。


 


 


―ホワイトのエコカラットは、どのお部屋にも馴染んでいて可愛いです。


リビングのエコカラット部分にある勝手口の2重扉は、おもしろいですね。


ここはどういった経緯で、この納めにしたんでしょうか


 


ここの扉いいですよね。


初めは、ここの勝手口を交換したかったんです。


サッシ交換は高いですよって言われて、値段を聞いてびっくりしました。


でも、古い勝手口だから見た目も気になるし、外気が通って寒いし、かといって出入り口としてはあまり使っていなかったので、そんなに費用を掛けるのはな…と悩んでいました。


そうしたら開き戸をつけるのはどうですかって、薄葉さんに提案してもらって、今の形になりました。


奥にも部屋が続いているみたいに見えていいですね。


 



勝手口は取り替えせず、勝手口の手前に開き戸を付けることでデザイン性を高め、コストカットを実現。


 


―リノベーションをして、住んでみてからのお気に入りポイントはありますか


 


キッチンのロールスクリーンです。


隣のマンションのベランダから、部屋の中が見えてしまっていたんですが、ロールスクリーンを上半分で止めると、お隣からの目線は遮りつつ、太陽の光が入ってくるようになりました。


ここはカーテンではなく、ロールスクリーンにしてよかったです。


 


 


―住んでみてからわかった、こここうしたらよかった部分はありますか


 


キッチンのダウンライトは、明るすぎるのでこんなにいらなかったかな。


あとはキッチンにまな板を立てかけると、リビング側からまな板が見えてしまうのは気になりますね。


キッチンの腰壁を高くして、水栓やまな板などのキッチン用品は、リビング側から見えないようにしたかったです。


 


 


―寝室のカウンターは、机として使いたいというご要望があったと伺いました、普段はどのように使っていますか


 


パッチワークをしています。


クローゼットからミシンを出して、いつもあのカウンターで作業しています。


布団からベッドにしたので、以前つくったベッドカバーもやっと使えると思って引っ張り出してきました。


 


あれ、作ったものだったんですか!?かわいいデザインでお店のものだと思っていました。


お友達が遊びに来られると、新しいお家にびっくりされるんじゃないでしょうか?


 


まったく違うようになったので「すごいわね~!」って言ってくれます。


洗面室は扉で閉められるから、扉で隠せて便利でいいと褒めてもらいました。


この前、弟が来た時も「ほんとうに同じ家?」ってびっくりしていましたね(笑)


 



造作カウンターで趣味のパッチワークしている施主様。お部屋にはたくさんの作品が飾られお部屋の雰囲気とマッチしています。


 


 


 


 


 




 

同じ物件の事例を見る

photo1
photo2
photo3
photo5
photo6
photo7
photo8