RENOVATION

秘密基地でおやすみ

秘密基地でおやすみ

photo1
photo2
photo3
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都文京区

  • 間取り

    2LDK+W

  • 築年

    2000年(平成12年)

  • 専有面積

    61.2㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Urban Style

  • 費用

    860万円

担当者

薄葉 和久
岡田 健
公文 崇
薄葉 和久
薄葉 和久
USUBA Kazuhisa
リノベ事業部

二級建築士


インテリアコーディネーター


既存住宅状況調査技術者


 


お客様と直接お話しさせていただく窓口として、お客様の想いに寄り添いながら、理想の想いをカタチにしていけるように、最善のご提案を心掛けております。
これから何十年お住まいいただくお部屋だからこそ、快適で幸せなにお住まいいただける、そんなお部屋づくりを目指しています。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたS様にお話を伺ってきました。


 


 


―今回、ご自宅のリノベーションを行ったきっかけを教えてください。


 


奥様


子どもたちが大きくなってきて、部屋が足りなくなってきたからです。


初めは、リノベーションじゃなくて住み替えを考えていました。


同じ学区内で今より広い70~80㎡のマンションってなかなか見つからなくて、見つかったとしてもすごい高くて!


それでリノベーションも視野にいれて、最終的にはリノベーションをすることにしました。


 


 


―リノベーションの業者は、どのようにお決めになりましたか


 


奥様


コストです。


リノステージさん以外では、LIXILのショールーム紹介の1社とインテリアショップのリノベ部門の3社で相見積もりを取りました。


うちは水回りが動かせなくて、どの会社さんも似たような間取り提案だったので、クオリティとコストで選びました。


他者と比べてコストが抑えられて、クオリティと設備グレードもしっかりしていて、定額パックの中でも提案の幅・選べる幅があったのがリノステージさんでした


 


 


ありがとうございます!


―リノベーションをする際、こだわった部分はどこでしょうか


 


奥様


子どもたちそれぞれのプライベートな空間があることです。


今はまだ小さいので大丈夫ですが、男の子と女の子なので将来的には必要でした。


 


 


―住んでみてからのお気に入りポイントはありますか


 


奥様


リビングが明るくなりました。


リビングの隣の個室を3枚引き戸にしてから、隣室の窓の光がリビングに差し込むようになったんです。


それとキッチンの壁をなくして、リビング扉の位置を玄関側に寄せたので、リビングがすっきり広く感じます。


キッチンに立っている時間が一番長いので、部屋が明るいと気持ちが前向きになりますね。


 



before:リビング横の個室は開き戸で仕切られていました。


after 3枚引き戸にしたことで隣室の窓から採光が増え、開放感がある明るいリビングに


 


―リビングの隣室を小さくして、ファミリークロークをつくられましたが収納量は足りていますか?


 


奥様


玄関側の洋室にあったウォークインクローゼットがなくなって、子ども部屋になったので収納は足りてはいないです。


寝室やトイレに吊戸棚を付けたり、ベッドも跳ね上げ式で収納がついているものを買って収納したりしています。


冬の掛け布団や冬服はどうしてもかさばるので、夏の間はレンタル収納を借りているんですが、子ども部屋をつくると収納は足りないとわかっていたので、特にストレスは感じていないです。


 


 


―リノベーションの打ち合せを進めていく中で、大変なことはありましたか


 


奥様


ん~、間取りが決まっていたので、全然大変じゃなかったです。


リノステージさんの定額リノベって、パッケージ内で選べる範囲が決まっているじゃないですか、他会社だとすごい厚いカタログがでてきて、そこから自由に選べる形だったんです。


好きな人ならそれを組み合わせるのが楽しいんでしょうけど、そこはあまりこだわりがなかったので、ちょうどいい範囲で選べました。


 


 


よかったです!


 


奥様


あ、そう!大変だったこと思い出しました。


リノステージさんと直接関係はないんですけど、マンションの共用部分の養生で「工事をしている間はずっと敷いていていいよ」って話になっていたんですけど、工事の着工直前に「やっぱり工事が始まる朝に養生を敷いて工事が終わった夕方に剥がして」って言われたんです。


そうなると毎日の工事の手間が増えるので、びっくりするほど費用が上がってしまって・・・


結果的には、敷いたままでよくなったのでよかったんですが、急な変更であの額はちょっと勘弁してって感じでしたね。


 


 


―水回りの設備では、新築当時からの浴室暖房乾燥機・ビルドインの食器洗い乾燥機を使っていたと思いますが、今回のリノベで最新の浴室暖房乾燥機・食器洗い乾燥機に替わって変化はありましたか


 


奥様


家事動線は変わってないので、フレッシュ感みたいのはないんですけど、だいぶ古くなっていたので効きが良くなって快適です。


床暖房と浴室乾燥機は効きがよくなったし、お風呂はカビが出なくなりました。


カウンターが広くなったからかもしれないんですけど、キッチンがすごい使いやすくなったんですよね。


全体的に暮らしやすくなって、なんか体調もいいです(笑)


 


 


―リノベーションをして、暮らしに変化はありましたか


 


奥様


今までは子ども部屋で布団を敷いてみんなで寝ていたんですけど、子ども部屋にデスク付きのロフトベットを入れて子どもたちは子ども部屋で寝るようになりました。


下の子はたまに「ひとりじゃ眠れない」って私たちのところにくることがありますが、子どもの寝かしつけをすることがなくなったので睡眠の質が上がりました。


それとリノベーションをする前は、子どもに友達を家に呼びたいって言われても「ちょっとやめて」って感じだったんですけど、子ども部屋で遊んでくれるなら「まぁ、いっか」と思うようになったんです。


デスク付きのロフトベットは、本棚や洋服がかけられるハンガーがあるので、子どもたちは自分たちの秘密基地ができたみたいで楽しんでいます。


 



お友だちを呼んでお部屋で遊ぶようになった子どもたち、リノベで大人にも子どもにも変化が!


 


―住んでみてわかった、こここうしたらよかった部分はありますか


 


奥様


玄関入ってすぐある下足入れが天袋だけで、床から天井まである下足入れにすればよかったです。


他は床から天井まである下足入れなのに、なんでここだけ天袋だけにしたのか覚えてないんです。


慣れてない頃は、頭ぶつけちゃっていましたね。


 


 


―今後、リノベーションをする方にアドバイスをお願いいたします。


 


奥様


マンションの理事会への確認はした方がいいです。


このマンションは、お風呂だけとかトイレだけとかのリフォームはしていたみたいだったんですが、初のフルリノベ物件だったのでゴタゴタしてしまって・・・


工事の細則はリノステージさんでも確認はしてくれるんですが、マンションの理事会へは自分たちでも確認した方がいいと思います。


 



 


 


 


 


 


 




 

同じ物件の事例を見る

photo1
photo2
photo3
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9