RENOVATION

グレートーンの均衡を

グレートーンの均衡を

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
  • 所在地

    東京都江戸川区

  • 間取り

    2LDK+W

  • 築年

    1997年(平成9年)

  • 専有面積

    57.96㎡

  • 居住構成

    ふたり暮らし

  • ブランド

    Urban Style

  • 費用

    770万円

担当者

岡田 健
公文 崇
山木 百合香
岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

山木 百合香
山木 百合香
YAMAKI Yurika
リノベ事業部

二級建築士
インテリアコーディネーター
福祉住環境コーディネーター


リノベーションコーディネーター


 


担当業務は営業と設計です。
プランナーとしてお客様とのお打ち合わせから一人ひとりに合わせた生活しやすい家づくりのご提案ができるように日々心がけております。
お客様の今後の暮らしを家づくりを通してサポートできるように誠心誠意努めていきます。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたT様にお話を伺ってきました。


 


―中古マンション購入のきっかけを教えてください


 


奥様


以前は賃貸に住んでいて、ポストに物件見学のチラシが入っていたのがきっかけです。


こことは違うマンションなんですけど、正直購入予定もなくて「そろそろ購入を考えるきっかけ」程度の気持ちで行きました。


ご主人


そこで「購入もいいかも」と前向きになって、物件探しをし始めました。


 


 


―こちらのマンション購入の決め手はなんでしたか


 


ご主人


エリアと広さですね。


ここのエリアに住んでいたのもあって、この街を離れたくなかったのと、駅からも近くて利便性の良い希望の広さでした。


 


 


―リノベーション会社を選ぶ際、他社と相見積もりは取られましたか


 


奥様


相見積もりは取らずに、リノステージさんだけに依頼しました。


物件探しで良くしていただいた仲介さんが「リノステージさんはいいですよ」と紹介してくれて、信頼していた方だったので、リノステージさんにお願いしました。


ご主人


言い方が良くないですけど、変なリフォーム業者さんに依頼してしまうより、ちゃんと信頼できる会社にお願いしたかったんです。


リノステージさんは、10年保証やアフターメンテナンスなどしっかりしていたので、安心なところも決め手のひとつでした。


定額リノベでだいたい金額がわかっているのもよかったですね。


 



グレートーンの落ち着きがある上質な空間


 


―リノベーションをする際の、こだわりポイントを教えてください


 


奥様


『デザイン性と機能性を両立させる』ですね


どっちかに偏っても暮らしにくくなると思ったので、両立させることを大事にしました。


デザイン面ですと『グレーを貴重にした、ホテルライクなシンプルモダン』をテーマに考えていました。


機能面は収納です。


最初に提案してもらった収納は、寝室から入るタイプのウォークインクローゼットでした。


寝室に入ってから、寝室の収納に入るのは、アクセスにひと手間掛かってしまうと感じて、もう少し楽にできないかなとリビングからアクセスするクローゼットにしてもらいました。


部屋の広さと収納力は悩んだ点ではあったんですが、バランスよくつくってもらいました。


ご主人


それと見えるところに物を置きたくなかったので、書斎にも収納を付けてもらって、物を置かなくてもいい空間にしてもらいました。


 


―住んでみてからのお気に入りポイントを教えてください


 


ご主人


やっぱりクローゼットです。


収納力があるって、なんでも収納できるので快適です。


キッチンの水栓もタッチレスにしてよかったです。


最初はいるかなと思っていたんですが、ちょっとの手間が今は大きく感じます。


 


 


―リノベーションで大変だったことはありますか


 


ご主人・奥様


壁紙


 


お二人とも即答ですね(笑)


 


奥様


実物を見にサンゲツのショールームへ行ったんです。


・・・疲れたよね(笑)


ご主人


うん(笑)


奥様


クロスの種類が多くて、全部を見て回るのは本当に疲れましたけど、壁紙選びは満足することができました。


キッチンのアクセントクロスは、グレーでもブラックよりのグレーにしたかったので、サンゲツのショールームにあったものを選びました。


これに決めて大満足です。


 



グレージュスタッコ柄のLIXIL製のシステムキッチンとサンゲツ(FE74172)のクロスが貼られた下がり天井


 


―お住まいになられてから、生活に変化はありましたか?


 


奥様


こまめに片付けるようになりました。


二人ともまめな方じゃないんですが、散らかさないように気を付けるようになりました。


ご主人


そうそう、普段から大切に過ごそうと思うようになりました。


住みやすく、きれいにしてくれたので大満足です。


たしかキッチンの通路の幅はもう少し広い方がいいって山木さんが広くしてくれたんです、生活の動線や使い勝手もいいので快適です。


リビングの照明も、廊下入り口と書斎の入り口からオンオフできるようにしてくれていて、スイッチは特に要望とかしていなかったんですけど、こうゆう使い勝手の気遣いが嬉しかったですね。


本当に良くしてくれて、感謝しています。


 


 


―プランナーの山木の第一印象はどうでしたか


 


奥様


柔らかな印象でした。


正直、もっと押しの強い方だったら難航していたかもしれなかったんですけど、物腰柔らかな方でよかったですし、打ち合わせもスムーズでした。


ご主人


僕たちの話をまずはしっかり聞いてくれて「じゃあ、こうゆうのはどうですか?」と提案してくれました。


こちらの意図をくんで進めてくれたので、やり取りしやすかったです。


 


 


―お打ち合わせを進めていく中で、お二人の意見が割れたことはありますか


 


ご主人


全然ないです。


むしろ、僕にビジョンがなかったので。


奥様


ほぼ私が一方的に(笑)


ご主人


でも、リノベーションで彼女がどうしたいか聞いていてよかったですね。


最初にタッチレス水栓を入れたいって聞いた時、いらないんじゃないと思ったんですけど、これは付けておいてよかったなと思えるので。


中古マンションでしたが、室内は全部きれいにしてもらってリノベーションっていいなと思うようになりました。


 


 


―住んでみてわかった、ここをこうしたらよかった点はありますか


 


奥様


ほぼパーフェクトだったんですけど、洗面室に普通の部屋のような低い高さのコンセントを一つ付け忘れました。


それがあれば寒い日に小さめのファンヒーターを使えたなって・・・


ご主人


コンセントはたくさんつけてもらって、ダイニングテーブルに座りながらでも使えるようにって、床下コンセントまでいれたんですけど、洗面室だけはひとつだけ足りなかったですね。


洗面化粧台にコンセントがあるので足りないわけではないんですが、やっぱりコードがダラッと伸びないのは魅力的ですね。


 


 


―今後、リノベーションをする方へアドバイスをお願いします


 


奥様


デザインもそうですけど、最初にある程度どうゆう生活をしたいのかイメージを持っていた方がいいですね


あとはコンセント(笑)


コンセントの位置も、どこに家具を置きたいか、この家具を置いてどう過ごすかのイメージだと思います。


具体的に生活をイメージするって大変ですけど大事だと思います。


 



 


 


 


 




 

同じ物件の事例を見る

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7