RENOVATION

都心のスノウホワイト

都心のスノウホワイト

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都千代田区

  • 間取り

    3LDK

  • 築年

    1982年(昭和57年)

  • 専有面積

    80.09㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Neo Comfort -H

  • 費用

    1,040万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたK様にお話を伺ってきました。


 


―最初にお問い合わせをいただいたのは4~5年前でしたね


リノベーションしようと思ったきっかけを教えてください


 


奥様


ここが築40年くらいのマンションで、10年前に私たちが入居しました。


使い勝手の悪い動線が気になっていたので、子どもの受験が終わったらリノベしようと考えていました。


ただ受験が終わったらコロナが始まって、いったん中断したんです。


 


 


―またお問い合わせいただいて大変嬉しいです


なにかお問い合わせをいただく、きっかけがあったんでしょうか


 


奥様


キッチンの食洗機が壊れたり、私が在宅の仕事を始めたり、冬の自宅が寒すぎたり、猫を飼いはじめたり、いろいろですね。


食洗機は必需品なので早く直したくて、キッチンを交換するついでに床暖房を入れようとしたんです。


部分工事なのにかなりの金額になって、こんなにするなら前に検討したフルリノベーションで全部キレイにしちゃった方がいいじゃないかと思って改めてご連絡しました。


 


 


―相見積もりは取られましたか


 


奥様


フルリノベーションの相見積もりは、リノステージさんと大手のリノベーション業者さんにお願いしました。


大手さんは部分リフォームからフルリフォーム、リフォームに伴う仮住まいの手配まで全てお任せできるので楽そうだったのですが、金額が高くて。


それと工期も長くてスケジュールが合わなかったので、リノステージさんにお願いしました。


また、リノステージさんは小回りがきくというか、窓口が1本化していました。


吉原さんに聞けば全て返してくれるので、とてもスムーズでした。


 


 


ありがとうございます!


―リノベーションのこだわりポイントを教えてください


 


奥様


家事動線ですね。


ちょっとしたところに使い勝手の悪さがあったので、それを改善できるように。


あとは可変性です。


このマンションに入居したとき、かなり老朽化が進んでいました。


そこを何とか住めるように最低限のリフォームをしたんです。


子どもたちはまだ小さくて並んで勉強できるカウンターなどにも憧れていましたが、今は並んで勉強したりはしないなと(笑)


5年10年で住みたい間取りが変わるので、子どもたちが巣立った後も快適なおうちになるように、可変性のあるリノベを考えました。


そのため、子ども部屋を壁ではなく、3枚引き戸で仕切っています。


今は扉を閉めて子ども部屋を2部屋として使っていますが、扉を外して大きな一部屋としても使えるようにしました。


 


 


―ちなみに以前の間取りは、どのような使い勝手の悪さがあったんでしょうか


 


奥様


もう本当にいろいろ


ダイニングに猫のキャットタワーやトイレを置いていたので匂いも気になっていましたし、冬は寒いし、結露がひどいし、梁も多いので背の高い家具が入らないんです。


下半分が塞がっている窓があったり、空気の流れが悪くて匂いがこもったり、挙げていったらキリがないですね。


 


 


―ひとつひとつ、どう解消されたんでしょうか


 


奥様


間取りをガラッと変えました。


窓を塞いでいた壁を取ってもらい、LDKにキャットタワーの置き場をつくりました。


3つ並んでいる真ん中の部屋に空気が溜まるので、空気の流れる道を作って洗面室とUBの換気扇から空気を吐き出せるようにしました。


また、猫のトイレも洗面室にスペースを確保してもらったので、匂いが気にならなくなりました。


本当に快適です、もっと早くリノベすれば良かったです。


 



空気が溜まらないように・空気の流れが止まらないように常時開放できるように引き戸にする工夫も!


 


―今回のリノベーションで床暖房とインナーサッシ・壁断熱を施工したと思います。


冬を過ごされて、いかがでしたか


 


奥様


間取りの変更や内装などいろいろと考えましたが、この床暖房とインナーサッシ・壁断熱が一番のお気に入りです。


全然違いますね。


壁断熱か床暖房のどちらかあれば、性能としては十分ではないかとのことでしたので、どうしようか本当に悩みました。


床暖房はもともと検討していたので、思い切って両方入れました。


部屋を歩いていても寒くないですし、夜寝る時は掛け布団や毛布を何枚も重ねていたんですけど、今年は全然寒くありませんでした。


どちらが欠けても、ここまでの満足感は得られなかったかもしれません。


 


 


―床暖房はガス式ではなく、電気式ですね。


光熱費の高騰がニュースで取りあげられていますがいかがでしたか


 


奥様


電気式の床暖房で値段が上がると覚悟していたんですけど、以前とそんなに変わっていないですね。


以前はこたつで電気をほぼ入れっぱなしにしていたこともあるかもしれませんが、床暖房にしてからも使用電力量が大きくは変わらなかったんです。


 


 


―断熱とインナーサッシで、結露のお悩み解消されましたか?


 


奥様


はい、毎年カビ取りしていたんですけど、今年は何もしなくて済みました。


入居した時から結露がひどくて、床はカビで木が腐食していたんです。


本当に壁断熱とインナーサッシを入れて良かったです。


床暖房と壁断熱・インナーサッシは、これからリフォームする人全員におすすめしたいですね。


 



奥様大絶賛の床暖房と壁断熱・インナーサッシ。夏に向けて、断熱の性能がどれくらいか楽しみにしているとのこと


 


―ホワイト中心の内装は、奥様が考えられたんですか


 


奥様


ほとんど私と娘で決めました。


一時、トータルコーディネートしてくれる人に相談した方がいいのかメールを送ったのですが、カラーセレクトは全体をみながら考えているので大丈夫ですと吉原さんが言ってくれたので安心しました。


定額リノベはある程度選べる範囲が決まっているので、私にはむしろそれでちょうどよかったです。


この内装は「ホワイトインテリアだ~」とか「Francfranc(フランフラン)だ~」とか娘が言い出して、基本的に娘の趣味でできています(笑)


 


 


―お部屋をこうしていきたい展望はありますか


 


奥様


家族がほっとできるような安全な空間でありながら、子どもたちが友達を家によんだり、人が集まるような場所になれたら嬉しいです。


 


 


―リノベーションをする上で大変だったことはありますか


 


奥様


リノベーションそのものというより、意外と盲点だったのが引っ越しです。


家具の処分が思っていた以上に大がかりで大変でした。


もっと先延ばしにしていたら、年齢的にきつかったんじゃないかな。


 


 


―今後、リノベーションする方へアドバイスをお願いします。


 


奥様


早いうちにした方がいいと思います。


住まいのストレスがなくなると、生活が本当に快適になると肌で感じています。


値上げもありますし、リフォームの助成金関係が少なくなってくることもあります。


できるだけ早めに、特に引っ越しは体力のあるうちに(笑)


 




 


 




 

同じ物件の事例を見る

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9