RENOVATION

色彩と余白のあいだ

色彩と余白のあいだ

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都港区

  • 間取り

    2LDK

  • 築年

    2005年(平成17年)

  • 専有面積

    83.2㎡

  • 居住構成

    ふたり暮らし

  • 費用

    1,380万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたS様にお話を伺ってきました。


 


 


―今回、リノベーションをした経緯を教えてください


 


ご主人


中古マンションの購入がきっかけです。


ただ、リフォームがされていない現況物件でしたので、入居にあたってリノベーションを考えました。


 


 


―このマンションの購入に際して、特に気に入った部分はどこでしょうか


 


ご主人


天井の高さです。


奥様


それと全室南向きで景観がよかったことです。


梁も柱も気にならなくて、リノベーションしたら素敵だろうなって。


 



ブラックが美しいシャンデリアは、空間を引き締め甘すぎない印象と優美で美しい上品な空間を演出します。


 


―相見積もりをされていたと思いますが、弊社に決めていただいた決め手はなんでしょうか


 


ご主人


初期段階から図面を作成して貰えて、具体的なイメージが湧いたことです。


それと吉原さんがいい意味で細かくていい人でした。


奥様


言ってないことも、意図を汲んで気配りしていただきました。


本当に感謝しています。


 


 


―リノベーションでこだわったポイントを教えてください


 


ご主人


リビングダイニングですね、空間が贅沢に使えるようにこだわりました。


一番いる時間が長いのでお気に入りの場所になっています。


 


 


―リノベーションをしていく中で大変だったことはありますか


 


奥様


メーカーのショールームへ何回も行くのは大変でした。


ご主人


カタログを見ても思っていた色じゃなかったり、質感が違っていたり、やっぱり実物見に行かないとダメだなと思って、何度も足を運びました。


奥様


ショールームを見て気に入ったものがあっても「マンションリフォームでは難しい」とか「こっちのパーツを使ったら、このパーツは組み合わせできない」とか、制限があったのも大変でした。


 


 


そうだったんですね


現地調査から着工まで順調なスケジュールで進んでいる印象でしたので意外でした


 


奥様


大型家具の色味が決まっていたので、内装はそのイメージに合わせていたので、決めることにあまり時間はかかりませんでしたね。


 


 


―どのような内装をイメージしていましたか


 


ご主人


BoConcept(ボーコンセプト)の家具が好きで、内装のモチーフにしました。


奥様


リビングはBoConcept(ボーコンセプト)をテーマにして、寝室は雰囲気を変えてグレー系で統一しました。


寝室は京都にあるデザイナーズホテル『node hotel(ノードホテル)』のベッドルームを真似したくて、ホームページを見ながら頑張って真似しました。


そういう意味では、書斎だけテーマが決まらないまま完成してしました(笑)


ご主人


書斎は未完成です(笑)


書斎だけはインテリアが定まってないですね。


これから書斎の空間を作っていく予定です。


 


 



行先で泊まったホテルをモチーフに作られた寝室と奥様が選び抜かれたシンプルで洗練されたグレーのドレッサー。


 


―住んでみてわかったこここうすればよかった点はありますか


 


奥様


やっぱり手を抜いていたバスルーム回りがちょっと気になりますね。


リビング・キッチン・ベッドルームを重視して、予算を抑えるためだったのでしょうがないんですが、設備のグレードを上げてリラックスできる空間をつくれたら~とついつい思ってしまいます。


 


 


―今後、リノベーションをする方へアドバイスをお願いします。


 


奥様


ショールームへ実際の商品を見に行った方がいいです。


私たちが失敗したのは、コンセントとスイッチをカタログだけで決めたことです。


カタログではグレーのコンセントとスイッチに見えていたんですが、完成を見たら壁紙と合わないシルバーのコンセントとスイッチだったんです。


細かいパーツでもカタログだけで決めず、実際に見に行った方がいいと思います。


 



 




 

同じ物件の事例を見る

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo7
photo8
photo9