RENOVATION

愛犬と長い午後

愛犬と長い午後

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
  • 所在地

    東京都墨田区

  • 間取り

    2LDK

  • 築年

    1983年(昭和58年)

  • 専有面積

    66.08㎡

  • 居住構成

    ふたり暮らし

  • ブランド

    Neo Comfort -H

  • 費用

    980万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたI様にお話を伺ってきました。


 


 


ー今回、ご自宅のリノベーションをした経緯を教えてください


 


ご主人


祖母からこの家を譲り受けたことがきっかけです。


築が古いマンションでしたので、新しい環境にしようとリノベーションすることにしました。


 


 


ー相見積もりの中で、Belleを選んだ決め手はなんでしょうか


 


ご主人


金額のわかりやすさです。


定額リノベの仕様をベースにキッチンのグレードを上げると差額が追加され、オプションを加えるとその金額が追加されるかたちがシンプルでわかりやすかったです。


Belleさんの定額リノベはスタイルごとにグレードが分かれていて、最上位のグレードでも「これくらいの金額で納まる」という目安があったので安心でしたね。


奥様


他の会社では「この平米数だとだいたいこのくらい」というおおまかな見積もりしかもらえなくて、予算を大きく超えてしまうとやりたいことを妥協しなきゃいけないのではないかと心配だったんです。


ご主人


やりたいことを1つ1つ減らしてリノベ費用を調整していくより、やりたいことをプラスしていくかたちの方が、自分たちに合っていると思ったんです。


 


 


ーリノベーションでこだわったポイントを教えてください


 


ご主人


絶対にペットを飼うと決めていたので、素材には特にこだわりました。


消臭機能がある壁紙やペット用のフローリングなど、ペットがいる生活を考えて選びました。


それと寝室の室内窓。


窓がない部屋なので、自然光が入るようにしたかったんです。


昼間は光がたっぷり入ってきます。


奥様


わたしは収納と洗面室の室内物干しです。


全部収納できるように収納量を確保して、物干しは室内で洗濯物をハンガー掛けができるようにしました。


洗濯が終わった服を物干しに仮置きして、一気にバルコニーへ持って行く。


室内でハンガー掛けができるようになったので、暑くもなく寒くもなく、家事効率も上がりました。


 


 



つるつると滑りやすいフローリングは犬・猫の足腰の負担となることも。表面に滑りにくい加工が施され、人もペットも快適に過ごせるペット対応フローリングを採用。


 


ー内装はどのように決めましたか


 


ご主人


暗いグレーで統一することは、何となく決まっていました。


もともと持っていた家電も黒系だったこともあって、持ってきた家電が内装にぴったりとはまりましたね。


奥様


家具屋さんや店舗などの内装をいろいろ見て、具体的なイメージを固めていきました。


目に付く色とか印象とかをふたりで相談して濃いグレーと薄いグレー、オレンジで統一すると最終的に決めました。


ご主人


正直、クロスに関してはもっと暗いグレーを採用したつもりだったんです。


この部屋は光が入って明るいので、思った以上に明るい印象になりました。


 


 


ーマンションの制約でできなかったことがあったと伺いました。


具体的に教えていただけますか


 


ご主人


お風呂を大きくしたかったんですけど、お風呂が壊せない躯体壁に囲まれていて叶いませんでした。


この家は梁が多いので高さ制限があったり、エアコンに制限があったり、マンションの構造的にいろいろ難しいことがありましたが、概ねしたいことができました。


 


 


ー住んでみてわかったここをこうしたらよかったポイントはありますか


 


奥様


今は解決しているんですが、洗面室の可動棚の奥行にはもう少しこだわっておけばよかったです。


可動棚の一番下の段に引き出し収納を置く予定だったんですが、奥行に合う引き出し収納がなかなか見つからなくて大変でした。


収納を見つけるまでの間は、もっと奥行を考えればよかったと思っていました。


 



洗面室の物干しは毎日のお洗濯に大活躍。雨の日も寒い日も暑い日も室内なので関係なし。


 


ーリノベーションをしている最中、不安だったことはありますか


 


ご主人


毎週のように工事を見に来ていたんですけど、木軸が立って石膏ボードが付けられていく過程で、もしかして狭く感じるんじゃないかと不安になりました。


最終的に出来上がったら、全然そんなことはなかったんですけどね。


 


 


ーリノベーションの打合せで、おふたりの意見がわれたことはありましたか


 


奥様


一度、パースを出していただいた時、キッチンのイメージの違いで少しもめました(笑)


いただいたパースでは、腰壁があるクロス仕上げのI型対面キッチンで、私がイメージしていたのはフルフラットのキッチンでした。


主人はクロスでも別によくない?って感じだったんですけど、私はフルフラットがよかったのでちょっと言い合いになりました(笑)


ご主人


吉原さんが苦笑いしていたよね。


今は奥さんの意見でよかったと思っています(笑)


 




壁を立てる腰壁仕上げキッチンのパース画像と完成後のフルフラットのキッチン。


 


ー今後、リノベーションする方へアドバイスをお願いいたします。


 


ご主人


見積もりで希望を全部入れてから金額を下げていくのは、人によっては向いてないかも。


せっかく高いお金をかけてリノベーションするのだったら、自分たちのやりたいようにやったらいいかな。


僕たちは強いこだわりはなかったですけど、ベースを決めて積み上げていくのが合っていました。


奥様


リノベ後の家具まで考えた方がいいと思います。


引っ越し後、どんな家具をいれるか、どんな大きさのものがいいのかまで考えた方がいいと思います。


 



 


 


 




 

同じ物件の事例を見る

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7