RENOVATION

ウォールナットカラーとブラックを取り入れた大人の男性の定額リノベ

これまでも、これからも、この家で

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都世田谷区

  • 間取り

    1LDK+WIC

  • 築年

    1976年(昭和51年)

  • 専有面積

    57.75㎡

  • 居住構成

    ひとり暮らし

  • ブランド

    Urban Style

  • 費用

    700万円

担当者

薄葉 和久
伊藤 義人
公文 崇
薄葉 和久
薄葉 和久
USUBA Kazuhisa
リノベ事業部

二級建築士


インテリアコーディネーター


既存住宅状況調査技術者


 


お客様と直接お話しさせていただく窓口として、お客様の想いに寄り添いながら、理想の想いをカタチにしていけるように、最善のご提案を心掛けております。
これから何十年お住まいいただくお部屋だからこそ、快適で幸せなにお住まいいただける、そんなお部屋づくりを目指しています。

伊藤 義人
伊藤 義人
ITO Yoshito
施工部 施工課 / 施工業務課

2級建築施工管理技士


ホームインスペクター


 


「リノベーションでゆとりある未来を実現する」という企業理念のもと、日々工程管理・品質管理・コスト管理において、お客様にご満足いただけるリノベマンションを追求しています。


リノベーション総合企業のエフステージグループの中で、我々施工部は現場の解体から完成まで全てを見届けますので、仕上がりはもちろん、床下や壁の中など見えなくなってしまう箇所も細かく気を配り、心地良く住んでいただけるように心掛けています。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

それまで賃貸で住んでいたお部屋の購入をきっかけに
リノベーションをしたO様にお話を伺ってきました。


 


 


ーきっかけを教えてください。


 


実は、もともとこの部屋に賃貸で暮らしてたんです。もう6~7年住んでいるかな。
持ち主は知り合いだったんですけど、ある日、売却の相談をされたんです。
このマンションも周りの環境も気に入っていたので、迷わず購入することに決めました。
このまま住み続けるんだったら、より住み心地の良いこだわりの部屋にしたいと思ったのがリノベーションのきっかけです。


 


 


ー依頼する会社をどのようにして決めましたか?


 


追加金額の発生が嫌だったので、まずは「定額プラン」がある会社を探しました。
ウェブサイトで検索したり知人からの紹介などで、5社に連絡して相見積もりを取って、その後2社に絞り込んで。
リノステージの決め手は何と言っても対応が良かったところですね。金額はほぼ同じだったのですが、最初からものすごく親身になってくれたので。これなら安心してお任せできると感じてお願いすることにしたんです。それと、「定額プラン」のどのパッケージも自分の好みに合っていましたし。デザイン面については御社をすごく信頼していました。


 


 


ー今回のリノベーションのこだわりはどこですか?


 


こだわりは、ズバリ「高級感」!
お部屋全体に高級感を持たせたかったので、配色を何種類もご提案いただきました。
リノベーションするタイミングで家具も買い変えようと考えていたので、プランナーの薄葉さんには、間取りはもちろん家具選びまで、かなり相談しましたね。部屋のサイズが分からず「ここの寸法を教えてください!」って、何度も言ってました(笑)時間はかかりましたが、おかげさまでコストをかけずに、できるだけ高級に見えるものを揃えられて大満足しています。


 



サイズ感から配色まで相談しながら買い揃えた、家具やインテリア


 


 


以前も付けていてとても便利だった「シーリングファン」は僕のほうで用意し、取り付けてもらいました。空気を循環させるのにちょうど良い位置に設置してもらったのでとても快適です。
照明にもこだわり、ほとんどをダウンライトにしています。
天井があまり高くないので、ぶら下げたくなかったというのと、個人的にシーリングライトがあまり好きではなくて……。本当はダイニングの上だけブラケット照明にしようかと思ったのですが、工事中はテーブルの位置を決めていなかったので設置場所を決められなかったんです。


 



シーリングファンは機能性はもちろん、お部屋のポイントにも


 


 


間取りについては、リビングの広がり、キッチンを対面にすること、できる限りウォークインクローゼットを広くとることにこだわりました。物をあまり外に出したくないので、とくに収納スペースはしっかり確保したいとお願いしました。


 


 


ー住んでみて、ここはこうしておけば良かったということはありますか?


 


コンセントですね。多めにしたくて、通常より3~4個増やした提案をもらったのですが、それでもまだ足りなかった。クローゼットの中にも、もう少し設置すれば良かったなと感じています。
あとは照明。寝室は調光付のシーリングにしたのですが、ここもダウンライトにしておけばと。でもそれくらいですね。かなり入念に打ち合わせしたので(笑)


 


 


ーリノベーションをしたことによって、生活に変化はありますか?


 


自炊が増えましたね。キッチンが使いやすくなったので、家で食事をつくるようになりました。
それと、湯船に浸かるようになりました。浴室のサイズは変わっていないのですが、以前は古いし使いづらかったので……。


 


 


ー今後やってみたいことは?


 


入居してから、リビング、寝室とバージョンアップしてきました。これからキッチンの家電収納を買おうかなと考えていて、冷蔵庫を購入してからサイズに合わせてオーダーしようと計画中です。毎ボーナスごとに少しづつ充実させていく感じですね。


 


 


ー今後リノベーションをする方にアドバイスはありますか?


 


そうですね……、個人的な意見かも知れないのですが、インナーサッシは良かったです。部屋の寒さも軽減されましたし、暖房や冷房の効率も上がったように感じます。
これからリノベーションを予定されている方は、インナーサッシも検討してみてはいかがでしょうか。
 


 


 


 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9