RENOVATION

定額リノベで大幅間取り変更、こども部屋が出来たファミリーリノベ

港の町の電車BOY

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都港区

  • 間取り

    2LDK

  • 築年

    2007年(平成19年)

  • 専有面積

    58.04㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • ブランド

    Neo Comfort -H

  • 費用

    860万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

ARISE定額パックで、イメージ以上のリノベーションが叶ったとおっしゃるY様にお話を伺ってきました。


 


 


―物件の購入に至った経緯を教えてください。


 


ご主人
もともとここの近くの賃貸に住んでいました。契約更新が来て、そのタイミングで家賃が上がることになって、これはちょっと住み替えを考えたほうが良いなと。
住んでいたのは1LDKで、子供が大きくなってきたらこのままでは無理だなと思っていたので、良い機会だと感じたんです。企業の住宅セミナーに参加して、物件購入についての話を聞いたりしていましたね。


 


奥さま
新築マンションだと、建物が完成してから入居までの期間が長いと聞いたので、中古に絞ることに。息子が保育園に通っているので、区外に動くのはなかなか難しいな……となって、この近辺で探すことにしたんです。


 


 


―この物件に出会うまでどれくらいかかりましたか?


 


奥さま
3~4カ月はかかっていますね。


 


 


―その間、物件をたくさん見られましたか?


 


奥さま
そうですね。休んでいる期間もありましたけど。
最初はリノベーションという考えはなくて、自分たちに合う間取りで探していたんですが、予算内ではなかなか見つからなくて。いろいろ見ていくなかで、どこかしら直さないと住むのが厳しいな……と感じてきたんです。そこから「フルリノベーションをする」という前提で、もう一度物件情報を見直しました。間取りにこだわらず、全体的な広さや形で。そういう経緯があったので時間がかかりましたね。


 


 


―この物件にした決め手は?


 


ご主人
電車好きの息子の影響が大きいかな(笑)


 


 


―ここからたくさん電車が見えますもんね!


 


奥さま
そうですね(笑)JRの幹線のようなので結構通ります。
電車は決め手の一つですが、価格が予算内であったことも大きいですね。


 



お部屋の中にも電車が走っています。


 


 


―リノステージの他に、何社か候補のリノベーション会社はあったのですか?


 


奥さま
いろいろ内見をするなかで、リノステージさんのリノベ済みの物件を見る機会があって、それがすごく良かったんです!とても快適そうで!
あと定額パックになっているのが良いなと。考えるのに労力が少ないですし、短期間で終わるだろうなというのもあったので「もうこの会社さんにお願いすれば良いんじゃないの !?」みたいな話になりました。
一応もう一社、仲介さんのお付き合いがある会社に相見積りを取っていただいたんですけど、若干高かったこともあって「じゃあ、リノステージさんで」と。


 


 


―ご夫婦のなかで、こういう間取りにしたいなどイメージはありましたか?


 


奥さま
そうですね。寝室はここ、水まわりはここ、子供部屋はここにというのは大体あって。プランナーの吉原さんにご提案いただいた間取りもそんな感じでした。


 


ご主人
キッチンの位置がバルコニー向きだったところを「リビング向きにできますか?」って相談したら、なんとかできそうだということで変えていただきました。背面のカウンターのところも、もともとは一面壁で埋まる予定だったのですが、光が入るようにしたいとお伝えして、部分的に壁をなくしてもらいました。


 


 


―イメージされていたものと、ご提案した内容がある程度一致したということですね!確かに、壁が一部ないだけですごく光が入ってきますね!


 


 


奥さま
やっぱり窓の光がもったいないということで、今の間取りになりました。


 


 


―食器棚付きのカップボードを入れる予定だったのですが、壁を一部取り除いたことで設置できませんでした。収納は足りていますか?


 


奥さま
光を取り入れつつ、キッチンの背面に収納を作ったのはこだわったところですね!カウンターを造作していただき、壁には可動棚を設置してもらいました。
あと、ダイニングテーブルの背面にある収納も活用しています。奥行きは狭いんですが、食器なんかをここに納めています(笑)


 



壁の一部(水色の部分)を取り除いたことで、廊下窓からの光がリビングまで差し込むようになりました。キッチン周りの収納を上手く活用して日々のお料理を快適に。


 


 


―お気に入りポイントは?


 


奥さま
細々といろいろあるんですが、1つは全て引き戸にしてスペースを確保できたことです。前の家も引き戸が多くて、そこが気に入っていましたので。


 


ご主人
あと、子供部屋を個室にもできるように工夫してもらえたのは良かったですね。


 


奥さま
子供が小さいので、まだ個室として使うことはしばらくないかなと思いまして……。それだったら今はリビングと繋げてスペースを活かしたいなと。
この引き戸はサイズがギリギリで、何度か検討してもらって、なんとか入りましたって感じでした(笑)


 



引き戸にすることで、個室にしたりオープンに使ったりと、フレキシブルな利用が可能になりました。


 


 


―今回定額パックの標準スタイルから、床や壁紙のカラーを一部変えていらっしゃいますが、主導はどちらが?


 


奥さま
私ですね。主人はあまりこだわりがなさそうだったので。任せていたら、きっと定額パックの標準の色になっていたと思います(笑)
床はこの色が良くて、扉は濃い色にしたいって話してイメージパースを作ってもらったら、思ったより扉の数が多くて……。なので、収納の扉だけ白いものにしてもらいました。


 


 


―今後リノベーションをする方にアドバイスをするとしたら?


 


奥さま
内窓は付けた方が良い!ですね。
住んでから結構結露することが分かりまして……。内窓がもともと付いている部分もあるんですが、開きタイプの窓には付いていなくて。寝室などの内窓がない部分が結露してしまうんです。
後で調べたら、開きタイプの窓にも付けられる内窓があるみたいで、それを付ければ良かったなと思いましたね。内窓って防音の効果もありますが、騒音は慣れると思うんですけど、結露は結構めんどくさいなと……(笑)


 


ご主人
あと入れて良かったのは床暖!
前に住んでいたところはなかったので、床が冷たいなと思っていたんです。今はものすごく暖かくて!


 


奥さま
エアコンとかをガンガンに付ければ暖かくはなりますが、やっぱり乾燥するので。確かに床暖は快適ですね!


 


 


 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9