RENOVATION

高級感あるグレージュでまとめた壁式リノベ

神秘的空間への誘惑

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9
  • 所在地

    東京都世田谷区

  • 間取り

    3LDK

  • 築年

    1997年(平成9年)

  • 専有面積

    94.94㎡

  • 居住構成

    ファミリー

  • 費用

    1,010万円

担当者

吉原 光紀
岡田 健
公文 崇
吉原 光紀
吉原 光紀
YOSHIHARA Koki
リノベ事業部

インテリアコーディネーター
CADトレース技士


 


住宅リフォーム・リノベーション業界で10年以上働いております。
サッカー・音楽ライブ・海・ドライブ好きです。
犬(チワワ)を飼っているので、休みの日は都内近郊のドッグランやドッグカフェなどにいます。
リノベーション工事によって、お客様に合わせた理想の住まいを叶える最適なご提案と、完成後に満足いただけるように細かなことも妥協せず、毎日快適な生活を送れるように、精一杯努めさせていただきます。

岡田 健
岡田 健
OKADA Takashi
リノベ事業部

石綿作業主任者


一般建築物石綿含有建材調査者


有機溶剤作業主任者


 


東京都品川区出身の埼玉県川口市在中で、前職から建築業界に携わっております。
基本的にマイペースな人間で、公私のオンオフが激しいらしく休みの日はボォ~ッとしてます。
施工管理業務を行っておりますが、お引き渡し時の仕上げ状態に気を付けて日々取り組んでおります。

公文 崇
公文 崇
KUMON Takashi
リノベ事業部

一級建築士
1級建築施工管理技士
マンションリフォームマネジャー


 


趣味は、レコード集め・山登りです。
担当業務は、主にリノベーション工事をご要望されているお客様物件での、工事中の業者・商品発注業務を行っておりますので、現場の職人さんとのチームワークで、お客様の夢をカタチにしていきます。
よろしくお願いいたします。

間取り図

before 間取り図before
after 間取り図after

こだわりの間取りと内装を実現されたI様ご夫婦にお話を伺ってきました。


 


 


―こちらのお部屋をリノベーションしようと思ったきっかけは何ですか?


 


築20年も超えていましたし、フローリングの傷みが気になっていたんです。
当初、そんな大々的にリノベーションしようとは考えていなくて、部分的な工事の見積もりを他社さんに依頼したりしていました。タイミング的なこともあって、なかなか具体的にならないまま、自宅とは別に所有している賃貸の方のリノベーション工事を行うことになったんですね。そこで依頼をしたのがリノステージさんでした。工事が終わって、リノベーションされた部屋を見てみると、「あ、リノベーションって良いな」って思ったんですよね。


 


 


―当社に決めていただいた理由は?


 


最初にやった賃貸のリノベーションの時ですが、いつもお世話になっている仲介業者さんに3社ご紹介いただきました。
各社のHPを見せていただいて、内容とか雰囲気とかリノステージさんが良いかなとは思ったんですが、実際に現地調査に来ていただいた時に、テキパキと採寸していらっしゃって、無駄なくお二人で採寸している姿がとても気持ちが良かったんですね。
もちろん技術とかあるんでしょうけど、私の言ったことをきちんと解釈してくださったり、波長が合うといいますか、とてもお話しやすくて、ぜひお願いしたいなと思ったんです。


 


 


―担当プランナー吉原の印象はどうでしたか?


 


最初に感動したのが、賃貸の方の物件で、私自身でも素人ながらにザックリと間取りを考えていたんですが、洗面室の間取りのイメージが全く思い付かなかったんです。それを私では想像ができないアイデアでプランニングしてくださって! やっぱりプロだなーって思いましたね。
こちらから何かお願いをしたり、何か迷っていたりして「どう思う?」って聞いた時も、とても良いアドバイスをしてくださるんです。
もう迷うことなく、吉原さんに「自宅もお願い!」って言っちゃいましたね(笑)


 



開放感のあるリビングダイニングは、ホテルのような高級感あふれる空間に仕上がりました。


 


 


―そのように思っていただけて、大変嬉しいです! ではこちらのご自宅のリノベーションのお気に入りポイントはどこですか?


 


壁式構造なので、間取りはほとんど変わっていないんですが、私的に一番変わったなと思うところは玄関ですね。
私と主人のゴルフバックをしまう場所を作ってもらったんです。コロナになって通販で買い物をすることが増えたので、段ボールの量が多いんですけど、それを隠すスペースとしてもすごく助かってますね。
元々はカウンタータイプの玄関収納だったので、狭くなるかと不安だったんですけど、玄関正面の収納をフロートタイプにしたことで、狭さは感じなかったですね! あと主人のお気に入りは、お手洗いですね!


 


 


―TOTOのフロートタイプのトイレですよね!


 


私は全然トイレに思い入れがないので、普通で良かったんですけど、吉原さんが掃除が楽ですよーとか誘惑なさって(笑)
主人に話したら面白い! とか言うのね、主人はトイレ大好きなので。
広いお手洗いなら、トイレの下の照明がキレイで私も即決したかもしれないですけど、一般住宅の狭いお手洗いなので、開けっ放しにするわけでもないし、下の照明が光ってもね……って思っていたんです。だけど実際に仕上がってみて、お手洗いを開けた時にすごく良い雰囲気なの……♪
やっぱりプロのおっしゃる通りなんだなって(笑)


 



TOTO「レストパルF」を採用。フローティングデザインならではの浮遊感と、自動で明滅するフロアライトが空間に広がり感をもたらします。


 


 


―ダイニングの収納にもこだわったと、吉原の方から聞いてきました。


 


そう! ここも玄関と同じくらいお気に入りですね。
最初からこういう風にしたかったんですが、リノステージさんだと割高で上手くできるか分からないので、家具屋さんに依頼した方が良いと吉原さんに言われて、家具屋さんに見積もり依頼をしていたんですね。
ただ、背面がエコカラットだったし、搬入や設置のタイミングとかそういうの大変なんじゃないかなと思って、多少割高でも一緒にやってもらった方がお互いのためだなって思ったんです。
この収納を入れてもらうにあたって、吉原さんがアイカのショールームへお勉強しに行ってくださったそうで、嬉しかったですね(笑)
この収納は、リビングで使う書類とか文具の他に、グラスやお酒を収納しているので、休日にはダイニングテーブルに座ったまま、その日の気分に合ったお酒を取り出して楽しめるんです(笑)


 



アイカ工業の建材を使用したダイニングの収納。お客様のご希望を叶えるために、私たちは日頃からさまざまなメーカーのショールームへ足を運んでいます。


 


 


―ご夫婦間で意見が分かれたところはありましたか?


 


意見が分かれることはなかったですね、主人は仕事が多忙のため、私に任せてくれていたので。
ただ、私が1人で決められなくて迷った時は、娘たちに相談に乗ってもらいましたね。


 


 


―住んでみて分かった、こうしておけば良かったと思うことはありますか?


 


洋室のカーペットですね。
元々ベージュ色のカーペットだったので、変化を求めて、グレーのカーペットにしたんですが、思ったより濃くて重い印象になってしまいましたね。
それと、毛が抜けにくいものにしたくて、抜けにくい素材をネットで探して、ネットの知識をそのまま信じて決めてしまったんですね。そしたらルンバが壊れるんじゃないかってくらい毛が抜けるんです‥‥。
カーペットの性質について、もっとちゃんと調べておけばよかったなーと思って。


 


 


―今後リノベーションをする方に、アドバイスをお願いします。


 


私の時は、ちょうどコロナの時期ということもあって、ショールームが閉まっていて、小さいサンプルだけで選ばなくてはいけなかったんです。
賃貸の方はそれでもうまくいったので、今回は「あの時と同じもので」という決め方ができたんですけど、それでもフローリングとか、壁紙とかはやっぱりいろいろと迷ってしまって……。
たまたまサンゲツのショールームが一般向けに再開してるって知って、行ったら30センチ角くらいの見本くださったんです! 他のものと比べたりするのにすごく良かったですね。
やっぱり自分の足でもいろいろとショールームを見て回るというか、受け身ではなくて、こういうの使えませんか?とか、逆提案するのも良いのではないかなと思いますね。


 


 


 


 


 




 

photo1
photo2
photo3
photo4
photo5
photo6
photo7
photo8
photo9